DJI Spark 開封の儀 レビュー ZEROTECH DOBBY Mini Selfieとちょい比較

スポンサーリンク




新たなクアッドコプター!というよりドローンですね。DJI Sparkがやってきましたが、台風や雨続きのため飛ばすことはできず・・・開封のみしてみます。

DJI SparkについてはすでにYoutubeとかブログとか、多方面でレビューされていますので、Leスポでは開封と細部の画像や、今まで愛用していたDOBBY Zerotechと比べたりしてみます。

まぁ、後々飛ばした映像などもドンドン公開していきますが、始めて飛ばした時はこの安定感とカメラ映像の凄さに驚きました・・・やはりDOBBY君とはオモチャと本物の違いがありました(汗)

今回はプロポなどのオプション無しの本体のみのバージョンで、コントロールはスマホで操作します。

DJI SparkDJI Spark Mini RC Selfie Drone

DJI Spark

DJI Spark 開封の儀

GearBestの梱包

GearBestからはDHLで届きましたて、中はプチプチ袋に入った状態です。

化粧箱

キレイな化粧箱でしたが、一部角がボロっとなってるのが残念。

開封

封印を切って開封してみましょう!箱が2つ。

DJI Spark 化粧箱 開封

黒い発泡スチロールと厚紙の箱が出てきました。

DJI Spark 化粧箱 出す

なかなか、箱からカッコいい♪

黒い発泡スチロールを開けると本体が出てきた!この発泡スチロールが持ち歩く時のケースとして使えそう。

DJI Spark 化粧箱 開封 付属品

付属品はUSBアダプタとMicroUSBケーブル。今回は本体に直接刺して充電します。

オプションでバッテリーを外してバッテリーを何個も充電するものもあるようです。

USBアダプタは5V3AでDJI Sparkの充電ポートはMicroUSBでした。

DJI Spark 化粧箱 USBアダプタ

DJI Spark 化粧箱 開封 付属品

本体とUSBアダプタ・USBケーブルのみといった最低限の装備。今後はプロポも必要になってきそうです。

DJI Spark 化粧箱 開封

取説

取説は全て中国語で、簡単にしか書いてありませんでした。

紙の取説ではなく、サイトからPDFをダウンロードして見る取説は日本語のもありますので便利。このほうが紙よりもぜんぜん便利ですね。

無人自動空撮システム(ドローン・マルチコプター)の世界シェアNO1企業、DJIの公式サイトです。業界を牽引するマーケットリーダーとして、PhantomシリーズをはじめとするDJIのマルチコプター技術は、世界のスタンダードとなっています。ドローンの紹介や、フライトに関する情報、製品のご購入などはこちらからどうぞ。

DJI Spark 外観チェック

黒い発泡スチロール箱

DJI Spark 箱

コレ、あまり耐久性は無さそうだけどDJI Sparkを安全に持ち運べていい♪しばらくコレをつかってみよう。

箱から出してみる

DJI Spark本体と予備の羽2枚付属されていた。

DJI Spark 予備の羽2枚

羽は止まっている時は自在に動かせる。DOBBY君と同じでした。

質感・作りもやはり本物仕様で硬質プラスチック製で頑丈にできていました。一方DOBBY君は薄いプラ製なので・・・なかなか使えるもののやはりオモチャかな?

DJI Spark 羽は止まっている時は自在に動かせる

シールドテープを取る

バッテリー部分やカメラ部にシールドテープば貼ってあるので取る。

DJI Spark  バッテリーのテープ

各種センサー

ジンバル付きのメインカメラの下に着陸時に使うカメラ・3D赤外線モジュールが搭載されていてGPS捕捉されてなくても手の上や地上に着陸できるようです。

DJI Spark  下カメラ・3D赤外線モジュール

DJI Spark  下カメラ・3D赤外線モジュール2

カメラ・レンズと、その上の3D検知センサーに保護テープが貼ってあるので取る。↓

DJI Spark カメラ・センサーのテープ

ポート

バッテリーパックの上のフタを開けると充電用のMicroUSBと動画・画像記憶用のMicroSDポートがある。

DJI Spark MicroUSB/MicroSD

充電

充電は本体に直接MicroUSBを刺しておこなう。MicroUSBケーブルの先端のキャップが細めでないとうまく刺さらない場合がある。付属のケーブルを使えば問題なし。

最初はバッテリーがほとんどない状態で送られてくるので、まずは充電しないと始まらない。

DJI Spark 充電

重量

重量はバッテリー含めて実測303gあるのでドローン法に引っかかる場所では飛ばせない。山奥とか海岸とかでしか無理っぽいですね。

自分の住んでいるところは田舎なので飛ばせる場所です♪

DJI Spark 重量

カメラ ジンバル

カメラ部分のジンバルは非常に柔らかく出来ていてDJI Sparkが起動してない状態だと指で自由自在に動かせる。

DJI Spark カメラ ジンバル

多少引っ張っても少し出てくる。↓

DJI Spark カメラ ジンバル 引っ張る

ZEROTECH DOBBY Mini Selfie と比較

大きさは大体似ている

大きさを比較してみるとボディはDOBBY君のほうが若干大きいくらいで、DJI Sparkはアームが4つ伸びていてたためない仕様なので全体的に大きな見た目。

ZEROTECH DOBBY Mini Selfie  DJI Spark2

GearBestからプロペラとアームが折り畳めてスマホくらいの小ささになって、すごいパワーと安定性で空中静止する本格派のクアッドコプターZE...
ZEROTECH DOBBY Mini Selfieはコンパクトだし安定感抜群なのでかなり気に入って裏山散歩にも持っていっています。
ファームウェアが頻繁にアップデートしてスマホアプリのほうもアップデートを繰り返していてZEROTECHも活発に活動していてDOBBY Min...

ZEROTECH DOBBY Mini Selfie  DJI Spark

DOBBY君は200g切るので都会でも何処でも飛ばせそうだけど、現実的に人の多い場所では無理っぽい。

裏面

ヒックリ返してみると、2つとも昆虫みたいな姿になってちょっとカワイイ。

疑問なのは、DJI Sparkのカメラは横方向だけでなく、下とかに動かせるかどうか?、DOBBY君は手動で下や斜め・横に向けてから離陸させる仕様なので飛んでいる時は上下には動かせない。

ZEROTECH DOBBY Mini Selfie  DJI Spark カメラ

重ねて見る

DOBBY君の羽を伸ばして重ねてみるとほぼ同じ大きさになる。

ZEROTECH DOBBY Mini Selfie  DJI Spark 重ねる2

DOBBY君のほうがアームが1センチほど縦方向に短いかもしれません。左右はほぼ同じ大きさ。

ZEROTECH DOBBY Mini Selfie  DJI Spark 重ねる

DJI Spark 価格調査

5万円弱くらいから売ってるようですね。

[kakaku_shortcode pagename=”DJI-Spark”]

DJI Spark 使ってみた感想・まとめ

開封してざっと筐体を見てみました。

質感がやはり本物っぽい雰囲気をかもしだしていて、それでいてコンパクトな筐体に惚れました♪

雨がちらほら降ってましたが強行で裏山行ってちょっと飛ばしてみたところ!!DOBBY君とはカメラ性能も飛行能力も別物でした♥コレなら登山行ったり海辺で飛ばすとスゴく良い映像が撮れそうでコレから楽しみ♪

DJI SparkDJI Spark Mini RC Selfie Drone

DJI Spark

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク