スポンサーリンク

憧れのバック・トゥ・ザ・フューチャーに近づいた?レクサスのホバーボード

スポンサーリンク

子供のころは楽しい映画がたくさんあった

1970年代生まれのほとんどの子供が見たことある「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、僕もワクワクしながら観ました。中学生のころ少年ジャンプの特集に掲載されていたのを見て早く観たいと思っていたのを覚えています。

バック・トゥ・ザ・フューチャー [DVD]バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 2 [DVD]バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 [DVD]

バック・トゥ・ザ・フューチャーは三部作の映画ですね。全部何回も観ました。

それとゴーストバスターズもその前くらいに超流行りましたよねぇ、(中学生でした)

ゴーストバスターズ 1&2パック [DVD]ゴーストバスターズ 1&2パック [DVD]

この頃は面白い映画が毎年出てきたような気がする。

憧れのバック・トゥ・ザ・フューチャーのホバーボードが現実に!

そんな楽しい映画バック・トゥ・ザ・フューチャーですが「2」で未来に行ってその中に出てくる宙に浮くホバーボードが本当に開発されたみたいです。

  トヨタの高級車ブランド LEXUS が、磁気浮上式ホバーボード「SLIDE」の詳細を8月5日に公開します。6月に突然動画が公開され話題となったレクサス版ホバーボードの全貌が、ようやく明らかになるかもしれません。

高級自動車メーカーのレクサスが開発したみたいですね。

ただ、こちら液体窒素と超電導を組み合わせて作られたものらしく床に金属板が必要らしく専用の場所じゃないとすべれないようです。残念

まだまだ実用的ではないですがいつかは車も宙に浮くとか空を飛ぶとかになるのでしょうか?

そうなったらなかなか楽しそうな未来になりそうですね♪

HENDOホバーボード これも超電導で浮遊

こちらスマホから操作可能のホバーボード、2015/10に発売されるらしいですが値段が130万円くらいするみたい・・・

しかもアルミ板とか銅板の上でしか浮かないので専用のハーフパイプとかを制作しないといけないようですね。

銅板のハーフパイプなど個人的に作れる人でスケートボード好きなひとは買っても良いかも?しれません。

ホバーボード 現実のお話

もし宙に浮くホバーボードが発売されて、もし専用のハーフパイプとかじゃなく普通の道路でも気軽にすべれて、もし2万円以内で販売されていても現実的に買う人はあまりいないでしょう。

だって、普通のスケートボードでも乗るの難しいのに摩擦抵抗がない宙に浮くホバーボードなんて買ってもほとんどの人が乗りこなせないんですもの。

宙に浮くホバーボードを乗りこなすには、まず普通の車輪(ウィール)がついたスケートボードを数ヶ月間練習してそれからなので、ちょっと乗る分(体験)には良いかもしれないけど実際に買って乗るひとはあまりいないと思う。

サーフィンも誰もが一度はやろうと思うけど実際には海が近くにあるか週3回は通える車やバイクや電車があるかしないとできないし、サーフィンもかなり練習と筋力が必要なのでやる人は限られてくる。

丘サーファーという言葉があるくらいサーフィンに憧れていて道具やそれっぽいカッコウしてても実際にはサーフィンできない人が多数いるのが現実でマスターするのに相当の練習が必要みたい。

ということでグダグダ書きましたが、

横乗り系の乗り物は、はなかなか難しく日々の練習が必要

ということですね。あと、サーフィンもスケートボードも転んだりすると痛いし怪我する場合があるのでそれもデメリットでやる人少ないのでしょうか?スノーボードは転んでも怪我をする場合もあるけど雪の上なのであまり痛くはないかも。

何始めるにしてもどんな趣味でも最低でも1年くらいのコツコツとした練習は必要というようにできてるみたい。ただ楽しい自分が好きな趣味だったら1年くらいは楽しんで練習できちゃうから苦にはならない。

最後に「夢」を砕くような現実のお話をしてしまいスミマセンm(_ _)m