北京の観光に欠かせない北京動物園

スポンサーリンク




北京の中心 天安門広場から北西に10Kmほど行ったところに北京動物園があります。

北京動物園は中国で最大規模で最も古い動物園のようです。なによりジャイアントパンダがいるので有名ですね。上野動物園と違い近くで見られるかと思い期待していきました。

車で行きましたが日曜日に行ったため渋滞と駐車場に困り、北京動物園の前の通り(紫竹院路)の西側にある首都体育館に駐車できるようになっていて無事駐車場に停められました。北京は東京より渋滞がひどくナンバー分けされていて曜日によって首都に入れる日が決まっているようです。2011年10月2日

北京動物園とは?

清朝末期の1906年に数種の動物を集めて作られた「万牲園」が起源で、1949年には「西郊公園」と改称されたが、1955年4月1日に現在の北京動物園となった。敷地は明朝時代からの貴族の邸宅を利用したため、木々の間に清朝時代の建築物が多く残されている。また中華民国時代の歴史的遺跡も数多く残されている。 現在、約600種、7000頭が飼育されている。1999年には附属水族館(別料金)の「海洋世界」が開業している。

[map]Beijing, Xicheng Xizhimen Outer Street, 137号[/map]

中国人は公園好きなので動物園も公園の一つと言えそうで木々がいっぱいで楽しい散歩になります。

北京動物園 散歩

チケット売り場

北京動物園のチケット売り場は長蛇の列で割り込みする人が後を絶たないので・・・なかなかチケットを買えません。割り込みされないようにずっと前を見て前と自分とのスペースが開かないようにします。

 

“北京野生動物園の入場料は高い” 90RMB/一人と言う高い!入場料だから、中身に期待しましたが、動物種類としてはごくごく普通。 場所は市内ではなく、北京郊外の最南端でもうすぐ河北省に位置し、その為~園内は極めて広く、 歩いたらゆうに3時間は必要。さらに、サファリパーク風の人が檻付きの車に乗り動物に見られるアトラクションはプラス1時間必要です。これだけ時間を費やし心配になるのはトイレですが、キレイです。ほっと一安心。もう一つの心配の食事は残念ながら他の中国観光地同様、高い・不味いので、持参が必須。 入場料をどう見るか?によりますが、比較的空気の良い自然の中を散策するピクニック感覚であれば、 まぁまぁと思えます。 ただ他の観光地同様に休みの日は“人が一杯”なので、土日を外すのがベター。

北京動物園はいつ行くべきか?

北京は春と秋がない気候だと言われています。夏は40度になり冬は-20度くらいに下がるようですので夏・冬は行きにくいです。夏が終わったらいきなり冬になる感じなのです。

なので、9月終わり頃から10月上旬にかけてか5月下旬から6月くらいにかけてが過ごしやすく観光し易いようです。私も9月終わり頃にいきますが9月下旬は半袖一枚で暑かったのですが10月8日くらいからいきなりダウンジャケットが必要な気温になる場合もありました。北京は気温に特に注意が必要のようです。

週末は避けたほうが良いですが子供がいる家庭ではそうは行かないと思います。ただ土日は混みますがイベントなどをやっている場合があるのでそれを目当てに行く場合は混んでも仕方がないですね。

DSC03093

この日は子供が喜ぶように消防車の展示・訓練などのイベントをやってました。世界共通で子供はこういうの好きですよね。

ジャイアントパンダ(大熊猫)は近くで見れるか?

ジャイアントパンダ

混んでいるなかやっとパンダのいるところまで辿り着いたけど・・・長蛇の列

“パンダがいっぱい”時間がないのでパンダだけ見に行きました。 が、かなり広い動物園なので時間がかかります。 拍子抜けする位、沢山のパンダが近くで見られます。 が、あまり綺麗ではありません。(近くで見れる分、余計そう感じるのかも) おしりのほうがかなり茶色いです。 でもやっぱりパンダを見れるとテンションが上がりますね! 思っていたよりよく動くので、少しでも可愛いパンダを撮影しようと、結構長居してしまいました。

“パンダのみ” 上野動物園のパンダとは全く異なる、元気に動き回るパンダを見ることが出来ます!時間が無い方はパンダだけで宜しいと思います。中国人の皆さん(大人も!)が動物に石や食べ物の残り物を投げたり、サルに水をかけたりするのを見ると悲しくなりますから。それと、スリの名所です。ナップサックは厳禁です。財布や携帯電話には特にご注意ください。

私の場合は確かにパンダがたくさんいて見れましたが・・・秋に行ったので熱くて寝ていて元気よく動いているパンダはいませんでした。

ジャイアントパンダ

室内のパンダの様子。

ジャイアントパンダ

ガラス越しなのでちゃんとカメラで撮れませんでした。

ジャイアントパンダ

外のパンダ、お昼寝中です。

ジャイアントパンダ

こちらも日陰でお昼寝中

ジャイアントパンダ

本当にぬいぐるみみたい❤

ジャイアントパンダphoto by ahenobarbus

他の方はすごくうまく撮影されています。

パンダ以外の動物たち

北京動物園はやはりパンダがメインのようですが敷地が広いのでパンダ以外の動物もたくさんいます。

ホワイトタイガー

珍しい動物としてホワイトタイガーがいました。例によって写真の取り方がうまくないですが・・・・

14757627739_d3fa6ec4bc_kphoto by cdarlint
7894088816_fbebc0f41e_hphoto by ahenobarbus

パンダ以外は日本の一般的な動物園と変わらないようですね(汗)

北京海洋館

北京動物園の北側には北京海洋館もあります。

4454282260_7760da5514_o 4453503559_9a9d57fcee_ophoto by Alex Lee
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク