スポンサーリンク

押入れ公開(汗)コンパクト!スーツケース・キャリーケース収納方法

スポンサーリンク

ちょっと適当に入れただけなのでグチャグチャして恥ずかしいのですが(^_^;)

押入れの中を公開します。 シンプルライフの生活をしていて物は最小限であまり物がないです。 あまり保管するような物がないのでものに対してのストレスもあまりないです。

海外旅行や国内旅行の飛行機に乗ったりするときしか使わないスーツケース(ホイールダッフル)を使った収納方法を紹介します。

布団の収納方法をご紹介

今使ってるのは普通の布団ではなくキャンプ用のマットやシェラフです。

DSC07948

現在の敷布団と掛け布団は「シンプルライフの布団考察 家で使うキャンプシェラフとトレッキングマット」で紹介したようにキャンプ用の封筒型シェラフ2セット スノーピーク セパレートシュラフ オフトンワイドとサーマレストのウレタンマットのリッジレスト ソーラー LONGです。

ウレタンマットはくるくる巻くだけで撤収終了ですが、シェラフはかさばるのでスーツケースに入れちゃいます。 (スーツケースは夏は冬用の衣類を入れてあります。)

DSC07950

キャンプ用のシェラフなのでこんな感じで適当に巻いてバンドで縛って入れれば余裕で入ります。 まだシーツとか毛布が入りますが押し込んでしまうのが面倒なので棚のほうに放り投げておきます。

DSC07952

このパタゴニアのブラックホール100Lは長期宿泊の海外旅行とかで持っていきます。 とても大きくて防水仕様なのですが、「Patagonia」とデカデカかいてあるのがちょっと・・・ 普通のスーツケースよりはぜんぜん軽いです。

3800gくらいです。100Lのスーツケースは少なくとも5Kgはしますのでその分荷物も入るし移動中も軽い。

特に中国行くときは商品を満タンにして持って帰ってきます。私物はほとんど持っていかないので行くときはお土産とかで帰りは商品を持って帰ります。

(円安なので逆転傾向にあります(汗) で、使わないときは邪魔なので布団ケースか、冬物の洋服入れとして使っています。

DSC07957

こんな感じでしまいました。服の下、ウレタンマットの裏にスーツケースを入れてあります。 服の右側はビニールの棚と前にオプスレーのキャリア(スーツケース 夏物服を入れてある)があります。

上にあるのはモニターの箱や扇風機の箱です。箱は引っ越すときとか処分するときに必要なのでとってあります。

左の縦になってるケース3つはIKEAでセールで1個500円で買いました。以前は使わない布団などを入れておきましたが今は空っぽです。

夏になると家族の冬物布団などが入ります。 IKEAのケース上は機内持ち込みバッグと、残りのシェラフとテンピュールマクラです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする