DJI Sparkのパーツ買ってみた + アメリカ ドローン許可FAA申請

スポンサーリンク




グアム旅行に行くのにドローン飛ばしたいのでFAA申請して許可いただきました。

そのほか、DJI Sparkのアップデートや買ったパーツなど紹介してみます。

FAA登録 アメリカ連邦航空局

模型飛行機など、250g~25Kgのドローンはアメリカで飛ばすためにはFAA登録が必要になるようです。

FAAとはFederal Aviation Administration の略でアメリカ連邦航空局のこと。以下のサイトからFAA登録を行います。

FAAページ

FAA登録方法の詳しくはこちら↓の方が丁寧に説明してありますので参考にしてください。

アメリカではドローンにまつわる規制がありますが、今のところ、きちんと事前申請していればドローンを飛ばしてもいい事になっています。 そこで、今回は、アメリカでドローンを飛ばすために必要な申請手続きをステップバイステップでご紹介ていきたいと思います。 アメリカでドローンを飛ばすための義務!FAA登録とは? アメリカでドロー...

で、最終的に以下のようなメールが来て

  • 約120m以下の高度+目視できる範囲で飛行
  • スタジアム付近・人々の上を飛ばさない。
  • お酒やドラッグを飲んで飛ばさない(汗)

などなどの注意事項。

FAA登録メール

申請完了。「UAS CERTIFICATE NUMBER」の文字列をDJI Sparkの下か側面に貼っておく。

FAA登録証

これでグアムで飛ばせる地域で飛ばしても怒られることはないと思う。

頻繁にアップデート来る

最近DJI GO4を起動すると頻繁にアップデートが来るのでちょい面倒になってきた。

飛ばす直前にアップデートになるとイラッとくるので自宅で予めアップデートしておく。

DJI Spark アップデート2 DJI Spark アップデート

DJI Spark アップデート3

ダウンロードはすぐ終わるけど、DJI Sparkをアップデートする時に結構な時間がかかって、アップデート失敗するときもあった。

プロペラガード

これ、純正品と思ってかったけどサードパーティ製だったみたい。

バリが目立ってあまり完成度は高くない。

DJI Spark プロペラガード 本体

DJI Spark プロペラガード 本体3

本体に装着しようとしたところ・・・かなり力を入れないと硬くてはまらないんですけど(汗)

一応はまったけど、4つもつけたり外したりするのは面倒すぎ。

DJI Spark プロペラガード 取り付け3

純正のプロペラガードは簡単に取り付けできるのだろうか?

DJI Spark プロペラガード 取り付け4

DJI Spark 送信機のコントローラー ロック

これがないと移動中にコントローラー部分がおかしくなったり折れたり、はしないと思うけどこのロックがあるとコントローラーがおかしくなくなることはなく、送信機をラフに扱えるので導入してみました。

DJI Spark 送信機のジョイスティック ロック

送信機データケーブル Micro USB ↔ USB Type-C

このあいだ海岸でドローン飛ばした時にブツブツとスマホと送信機の通信が途切れてしまったので、データケーブル導入してみた。特に買わなくてもMicroUSBとUSB Type-AのケーブルとUSB Type-Cの変換アダプタがあったので接続できましたが、ケーブルが長く、変換アダプタかまさないといけないのが不便なので、どうせならと専用ケーブル買ってみました。

USB Type-Cの5.5インチスマホに接続してみる。

送信機データケーブル Micro USB ↔ USB Type-C 1

スマホのUSB Type-Cポートに丁度穴が空いているのでケーブルをさせる。↓

送信機データケーブル Micro USB ↔ USB Type-C 3

あとは送信機側のMicroUSBポートに刺す。

送信機データケーブル Micro USB ↔ USB Type-C 2

6.6インチのHuawei Honor Note 8はデカすぎて対象外なのでケーブルは穴からは刺せない。↓

送信機データケーブル Micro USB ↔ USB Type-C 4

これで少しはDJI Sparkも通信切断せずに飛ばせそう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク