スポンサーリンク

【LCDディスプレイ付き強力フラッシュライト】IMALENT DN12 Max1000ルーメン 開封の儀 レビュー

スポンサーリンク

LCDディスプレイ付きの最高1000ルーメンでるコンパクトなフラッシュライトが届いたのでレビューします。

懐中電灯でこんなディスプレイが付くなんて時代は進化していきますね。


IMALENT DN12 1000Lm

フラッシュライト IMALENT DN12 開封の儀

梱包

Everbuyingからなのでいつもの通りDHLで届きました。

IMG_20160819_165436

プチプチ袋に入っています。

IMG_20160819_165511

開けてみましょう。

化粧箱の状態

昨日レビューしたKlarus Mi7と同梱されていました。

【LEDフラッシュライト】Klarus クラルス Mi7 Max700ルーメン 開封の儀 レビュー

IMG_20160819_165540

化粧箱は可もなく不可もないといったところでしょうか。

IMG_20160819_165613

普通のパッケージです。

IMG_20160819_165625

開封

開けてみます。

IMG_20160819_165641

付属品多数、ケースもあります。

IMG_20160819_165658

第一印象、ちっ、小さい!

これで1000ルーメン出るのか?と疑うほど小さい。

IMG_20160819_170203

内容物

IMG_20160819_165805

ストラップ・Oリング・MicroUSBケーブル・専用ケース・取説

IMG_20160819_165826

Oリングは2つ

IMG_20160819_165815

ホルスターに入れてみる

付属の専用ケース ホルスターに入れてみます。

IMG_20160819_170123

フックとマジックテープのループでベルトに通せるようになっている。

IMG_20160819_170141

普通にズボンのポケットに入れても良い小ささだけど直径が太いのでちょっと邪魔になるかな?

ただ、使いすぎてオーバーヒートした状態でポケットに入れるとやけどの可能性もあるのでホルスターに入れたほうが良いかもしれません。

IMG_20160822_120548

ベルト通しはマジックテープで開くので落ちやしないかとちょっと不安がある。

IMG_20160822_120553

カラビナとかS字フックで、ホルスターのフックに引っ掛けたほうが落とさないかもしれません。

RCR123A バッテリー

3.7V出るRCR123Aバッテリーを採用しています。

このバッテリーはメーカーによってもサイズが違ったりプロテクト有り無しでもサイズが変わってきます。あと電圧も違う場合が結構あるので付属されている電池以外のものを使う場合は注意しましょう。

普通の単三電池は1.5V出力なので倍以上の出力ですね。気をつけて扱わないといけないタイプの電池です。

電池を反対に装着したりフラッシュライトをつけっぱなしにしたりすると発熱・爆発の恐れもあるようですので気をつけたいと思います。

IMG_20160819_165924

上(ヘッドユニット)を開けて電池を見てみる。おしり(テールユニット)のほうも開くようですけど、手で開けても固くて開かないので諦めた。工具を使えばあきそうです。

IMG_20160819_165727

過放電

2.75V以下まで放電すると端子崩壊が始まりRCR123Aの充電寿命が短くなるようです。

だからLCDディスプレイにボルト表示があるのか。

3.1V以下になったら充電するように取説にも書いてありました。

スペック

  バッテリー 光束 (lm)
持続時間 
光度
(cd)
照射距離
(m)
落下
(m)
防水
(m)
IMALENT DN12 RCR123A
3.7V
1000 1 14600 365 1.5 2
IPX8
 45分  80時間

照射距離365M、これ後ほど何台かフラッシュライトが溜まったら夜の散歩で実験してみます。

取説

 英語と中国語です。

この取説をよく読まないと使いかたが難しい。

フラッシュライト IMALENT DN12 操作・充電

それでは実機で点灯してみます。

操作方法

これがまた・・・押すタイプのボタンではなくセンサーボタンなので反応が悪いのかうまく点灯しないときもあって、コツをつかまないとなかなか言うこと聞かない・・・

取説見ないで操作したら点かないので不良品かと思った。

LCDディスプレイの上と下にタッチセンサーがあります。

  • 点灯:上センサーをダブルタップ
  • 消灯:上センサーを1秒ほど長押しタップ
  • STR・BEA・SOS:点灯時に上センサーをタップ
    (上センサーをタップするごとにBEA・SOSと切り替わる)
  • 光束変更:上センサー・下センサー長押しでディスプレイに数値が表示されるのでお好みのヒカリの強さを調節する。

消灯とSTRの上センサーのタップが同じ感じなので間違えてタップするとすぐにチカチカとSTRモードにはいってしまう。なのでルーメンを変更するときは先に下センサーをタッチしてルーメンを下げてから上センサーをタッチすると誤動作しない。

多分上のような操作方法だと思いますが、もう少し操作方法があると思います。

なによりもこのタッチセンサーが曖昧なのが気に入らない。もう少しハッキリと認識してくれるとストレス無く操作できそう。

モード

オーバーヒートすると警告が表示される

まだ高熱になったことが無いのですが、LCDディスプレイの左右のヒートシンクが熱くなるようです。

55度になったら熱くて持てなくなりそう(汗)

今なんボルトの出力かもLCDディスプレイで表示されます。

1000ルーメンで10分以上点灯させておくとオーバーヒートしそう。2,3分点灯させましたが、特に熱くなることもなく普通でした。なので何分くらい点灯させたらオーバーヒートするのか不明。

マンションの部屋でやると危険かもしれないので今度外出時に公園などでやってみます。

IMG_20160819_170443

オーバーヒートした状態でこういう置き方をするとテーブルがヤバイことになるらしい(汗)

超明るいけど取り扱いに注意が必要なフラッシュライト、気を付けます。

充電

充電はMicroUSBでできるので非常に便利です。

裏にあるゴムのフタを開けるとMicroUSBコネクタが出てくる。

IMG_20160819_170022

スマホなどを充電するときに使ってるMicroUSBケーブルを接続する。

IMG_20160819_170033

充電開始。バッテリーアイコンがディスプレイに表示される。

IMG_20160819_170502

しばらく放置

IMG_20160819_170232

バッテリーが少なくなるとディスプレイにバッテリーアイコンがチカチカ点滅して教えてくれるようです。

フラッシュライト IMALENT DN12 使ってみる

IMG_20160820_141709 IMG_20160820_141716

60ルーメンで点灯してみる

IMG_20160822_120625

このくらいの明るさが最適かもしれません。昔からある豆電球の明るさくらいでしょうか?もう少し明るいかな?これでも懐中電灯としては十分な威力を発揮しそうです。

1000ルーメンで点灯してみる

狂気的な明るさです。

真っ暗な闇に照らしたら物凄く明るくなりそうな光り。

部屋の中で照らすとまぶしすぎて目が開けられなくなる。

IMG_20160822_120713

LCDディスプレイは1000の表示のあとに3.2Vの表示がつく一定時間で切り替えて表示される。

IMG_20160822_120652

こんなに明るくなるんだから熱を発するの当たりまえですね。

IMG_20160822_120720

100ルーメンくらいが良いんじゃないでしょうか?

やはりこのくらいがベスト。実際に暗闇で試したら1000ルーメンの明るさの恩恵を得るかもしれませんが、

フラッシュライトIMALENT DN12 使ってみた感想

タッチボタンの反応がイマイチで操作しづらい、コツを掴めばちゃんと反応しそうだけど、今のところコツが分からないのでライトをつけるだけでも多少苦労する。消す時は苦労はしない。

1000ルーメンだとあまりにも明るすぎてリフレクターの部分を肉眼で覗き込むと危険なレベルの明るさ。

操作を誤ると勝手にチカチカとSTRモードに突入してその後はBEA・SOSに切り替えて元に戻るので余計なときにチカチカすると眩しくて少しイラッとくる。やはりこのタッチセンサーのクセに問題有りです。

先進的でコンパクトなスゴイフラッシュライトですが肝心のスイッチ部分がイマイチなので今後の改良を期待したいところです。


IMALENT DN12 1000Lm

激安海外通販 EverBuying 送料無料で買い方

こちらはEverBuyingから送料無料で人柱として購入してみた時のレポートです。

海外通販の買い方の参考にしてくださいね。

Everbuying送料無料+保険付きで送ってもらった商品が届いたのでご報告です。

※この商品はEverbuyingからサンプル提供していただいてレビューしています。