JJRC H37 開封 レビュー 激安・コンパクト・操作性アップなお手軽クアッドコプター

スポンサーリンク




コンパクトで軽く操作性の良いクアッドコプターJJRC H37がTOMTOPからやって来たのでレビューします。

こちら、クアッドコプターですがカメラも付いていて、片手で操作できるコントローラーもあります。オモチャですが部屋の中でも飛ばせるし、実測59gと何処でも免許の必要なしに飛ばせるクアッドコプター。

ドローンで飛ばせない地域でも気軽に飛ばして遊ぶことができるので、一つ持っておくとおウチでもお出かけの時でも楽しいです。

JJRC H37

JJRC H37 バッテリー3個+コントローラー付き

JJRC H37 開封の儀

梱包

中国からプチプチ袋に入ってやってきました。

JJRC H37 梱包

化粧箱

JJRC H37 化粧箱 裏

ダンボール箱に入ってないので化粧箱がちょい潰れたような状態できました。

開封

中はプラケースに入ってまして、専用ケースに本体・コントローラーなど取説以外は全てケースに入っている。

JJRC H37 化粧箱 開封

この専用ケースに入れて持ち運びに便利そう。本体・バッテリー・コントローラー全部入れても100g前後で携帯性もばつぐん。

JJRC H37 化粧箱 開封 専用ケース

本体・コントローラー・充電ケーブル・バッテリー・羽の予備などの細かいパーツ↓

JJRC H37 化粧箱 開封 専用ケース 開ける

本体・パーツ

すぐに遊べるように全てのパーツがそろってます。充電はUSBケーブルを刺すタイプ。

JJRC H37 パーツセット

すごくコンパクトで部屋でも何処でも飛ばせそう。

JJRC H37 本体パーツセット

手のひらサイズ

JJRC H37 小さい

小さくてものすごく軽い、軽いせいもあってボディのプラはペラペラです(汗)

重さも実測59gと軽いので何処でも飛ばせる。これだったら多少落下してもすぐに壊れることはなさそう。

JJRC H37  手のひらサイズ 59G

もっと小さいクアッドコプターも遊んでみましたが、安定性が非常に悪くなれないとなかなかうまく飛ばせない。ただ不安定のほうがクアッドコプターの練習になるので練習としてはこちらの小さいほうが良いのかもしれません。↓

4枚羽で安定飛行できるのと、プロテクトシールドが頑丈なのが特徴のGooIRCクアッドコプターが来ましたのでレビューします。

一方JJRC H37のほうは素人でもなんとか練習できるくらいの安定性があって、部屋の中で飛ばしてもあまり壁にぶつからずに操作可能。

JJRC H37  手のひらサイズ コンパクト

専用ケース

専用ケースはチャックが2つあって小さいほうにコントローラー・大きいほうにクアッドコプター本体が入っていた。

JJRC H37 化粧箱 開封 専用ケース2

JJRC H37 化粧箱 開封 専用ケース 5

専用ケースは持ち運ぶ時用に腕に付けるベルクロがあって、上のほうにカラビナもあるのでウェストベルトのフックにも付けられそう。

JJRC H37 化粧箱 開封 専用ケース3

バッテリー装着にご注意

バッテリーの装着には注意が必要でした。開封時はこのように↓スポンジが入っていてバッテリーがうまく装着できない状態に・・・

JJRC H37  バッテリー スポンジ

最初スポンジが入っていることに気づかずに↓バッテリーがうまく装着できなく、ギュウギュウ押してました(汗)

JJRC H37  バッテリー スポンジ2

よく見るとスポンジが入っていて↓これをとるとうまくバッテリーが装着できた。多分輸送時にバッテリーが接続されないように気遣いだと思いますが、気付くまでおかしな仕様かと思ってた。

JJRC H37  バッテリー スポンジ取る

JJRC H37 バッテリー装着

これでバッテリーもうまく装着できた。↓

JJRC H37  バッテリー 装着

取説

JJRC H37 特徴・機能説明

起動

クアッドコプター本体の起動は電源ボタンを軽く押す。終了時も電源ボタンを軽く押すだけ。

専用コントローラーを使う場合は本体を先に電源入れておいたほうがうまくペアリングできます。

JJRC H37  起動 JJRC H37  起動 横

前面はカメラ周りに白いライトが光るので多少?は画像が明るくなるのかもしれません。まぁ、オモチャなので映像・画像はそれほど期待しないほうが良いでしょう。後ほど撮影画像も紹介します。

JJRC H37  起動 前 斜め

暗がりで起動するとなかなかカッコいい。

JJRC H37  起動 前 斜め 暗く

オシリのほうが赤く光るのでドッチの方向に向いているのかすぐに分かって便利。↓

JJRC H37  起動 後ろ

コントローラー 単4電池2本装着

JJRC H37  コントローラー バッテリー開ける

バッテリーは単4電池2本で、バッテリーのフタを開けるのにはちょいコツがいって、下にずらすように書いてあるのですが、左右4つのツメを上から順に外すようにすると取れました。

JJRC H37  コントローラー バッテリー装着

最近導入した単4電池のエネループの出番です↓

JJRC H37  コントローラー バッテリー装着 エネループ JJRC H37  コントローラー バッテリー装着 単4電池

JJRC H37 コントロール

コントローラーはスマホアプリから、専用コントローラーと2つの方法で操作できる。

専用コントローラー

こちら、なかなかよくできていてコントローラーを傾けると上下左右に移動する。ジョイスティックで左右に方向転換、上下で前進後退も可能。

JJRC H37 コントローラー

操作はコントローラーを傾けて操作します。あとは左右回転・前進後退するのにジョイスティックを使う。

JJRC H37 コントローラー 傾けて

下の4つのボタン

  • 上:ヘッドレスモード
  • 左:本体のライトを消灯・点灯
  • 右:キャリブレーション 2秒長押し
  • 下:緊急停止

RM74290-19JJRC H37 コントローラー ボタン

ここで、ヘッドレスモードがでてきましたがこれが非常に便利。通常はコントローラーを前に倒すと前に進みますが、ヘッドレスモードをオンにしてコントローラーを前に倒すと操縦者からみて前方向に進みます。

ヘッドレスモードやってみましたが・・・やり方が悪いのかなかなか思うように動いてくれなくなりました・・・ヘッドレスモード中はコントローラーで「ピーッ・ピーッ」と音がなりました。

RM74290-19JJRC H37 ヘッドレスモード

専用コントローラーとクアッドコプターの接続

コントローラーと本体のペアリングはちょいコツがいりました。以下の順序で操作するとうまくいく場合が多かった。

  1. クアッドコプター起動、点滅状態にする。
  2. コントローラー起動後ピッと鳴る、ジョイスティックを上・下に倒すと「ピピッ」となってクアッドコプターが点滅から点灯に変わる。こうなればペアリング完了。
  3. ジョイスティックを押すとクアッドコプターの羽が回転しだす。

専用コントローラーでなかなかクアッドコプターと接続できない場合があって、少しコツがいるようです。

スマホアプリで操作

アプリはAndroid ,iOS両方あります。AndroidではJJRCと検索すると出てきました。

JJRC
JJRC
Developer: shen wenhong
Price: Free
JJRC
JJRC
Developer: wenhong shen
Price: Free

アプリをインストールしたらWifiでJJRC-○○○を選択してWifi接続します。ここでデータ通信を接続しているとうまく接続できませんでした。

データ通信はオフにしてWifi接続しましょう。

初期画面↓右上の「Off」をタップしてOnにするとコントローラーが表示される。

JRC H37 アプリ初期画面

JRC H37 アプリ コントローラー

クアッドコプター本体と接続されるとカメラの映像が転送表示される↓スマホで操作せずに専用コントローラーを使う場合はOffにしたままで撮影のみ使うことも可能。

JRC H37 アプリ コントローラー接続完了

JJRC H37 飛ばしてみる

クアッドコプターにしては操作性がかなりアップして安定感がありますが、DJI Sparkのようになにも操作しなければ空中停止とまではいかず、コントローラーを水平にした状態だとフラフラしてなかなか停止はしてくれない状態でした。ただこれもスマホの調整でうまく調整できれば空中停止も可能かもしれません。

JRC H37 コントローラー

またロストしそうになる

JRC H37 飛ばす

飛ばしながら撮影してみましたが・・・コントローラーが傾いてしまって遠くに飛んでいってしまった(汗)ヤバイ戻さないとまたロストする・・・・

なんとか戻して足元の草むらに落下させる・・・ふぅ、

JRC H37 飛ばす 墜落

通常飛行でもヤバイのに以下のような操作はまだまだできません(汗)

JJRC H37 こんな操作はまだできない

JJRC H37 こんな操作はまだできない2

カメラ撮影

JRC H37 カメラ

カメラは720P HD画像が取れてカメラの向きは上下に30度動いて調整できますが、写りはあまり良くはないです。↓

JRC H37 カメラ性能

ドローンのDJI Sparkと比べるのは酷ですが、やはりこの画像だと・・・ちょっと空撮撮りたいとは思えないですね。オマケ程度のカメラと言えるのかもしれません。

JRC H37 カメラ性能2

JJRC H37 カメラ 720P

JRC H37 カメラ性能3

暗く写るか明るく白っちゃけた画像になるかどちらかになってしまう。

JJRC H37 飛ばした感想

JRC H37 機能

クアッドコプターにしては安定性があり、片手で操作できる専用コントローラーが付いていて気軽に飛ばせる。

予備バッテリーが2個付いていて合計三個のバッテリーで1時間弱くらい遊べるのでなかなか飛ばしがいがある。

ヘッドレスモードがうまく使いこなせてないので少し練習してみます。

JJRC H37

JJRC H37 バッテリー3個+コントローラー付き

※この商品はサンプル提供していただいてレビューしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク