スポンサーリンク

スケートボード騒音対策・柔らかいウィール サトリ(SATORI)Goo Ball2 導入

スポンサーリンク

ロングスケートボードハマりすぎ

まだ飽きずにロングスケートボードを毎日やってます。飽きるというよりますますハマってしまって楽しくて抜け出せそうもないです。

夏休みのキャンプのときも海辺とかキャンプする場所とかで暇さえあれば横乗りしてました(^O^)

ただ、炎天下ですごく暑い日は日射病になってしまうので控えてます。

それと、ロングスケートボード乗ると膝が痛くなるのは筋肉痛ではなくて「ひざ痛」のようです(^_^;)膝の軟骨が傷んでしまっているようで、40代なのでおっさんは無理は禁物ということでしょうね。無理にジャンプとかはせずに1日1時間程度の練習にとどめておきます。←それでも膝痛に悩みます(汗)

ロングスケートボードのガラガラ騒音

きっかけは、「そのスケボー音がうるさいね」と子供に言われて・・・(汗)

誰も住んでない学校と川の間で練習してますが、その近所に住んでいる人は通るだけでうるさいと思うかもしれないので一応気を使って騒音のなるべく出ないウィールを導入してみることにしました。

今使っているのはコンプリートで買った時に付いてたやつ、

ローデッド オランガタン フリーライド スティミュラス 70mm 86a イエロー 幅49mm 接地42mm-9mm スペーサー10mm (ORANGATANG FREERIDE STIMULUS)

[kakaku_shortcode pagename=”loaded-orangatang-86a-70mm”]

こちらはダウンヒル用に買いましたが未だにダウンヒルはできずにいるのでもう少し柔らかく騒音の出ないウィールに変えようと調べたところ「サトリ」というブランドのウィールが静かという噂がありましたので試してみることにしました。

(そろそろ・・・ダウンヒルやってみようか?)

サトリ スケートボードウィール SATORI Goo Ball 2 72mm

[kakaku_shortcode pagename=”satori-goo-ball2-72mm”]

1個不出来なのがあってテープかと思ったのが加工時にはみ出たのか?飛び出てました。

なかなかアバウトですが神経使うところではなく1回乗ったらとれちゃう程度のものなのでぜんぜん許容範囲です。

手触りですがゴムみたいに柔らかく例えて言うならソフトキャンディのハイチュウのような柔らかさくらい。かなり柔らかくこれすぐすり減ってなくなるんじゃない?と思うくらいです。

ベアリングを付け替えてみる

ベアリングは別途買えなかったのでORANGATANGのウィールに装着されていたベアリングを取ってサトリに付け替えた。

ベアリングは1個のウィールに上下についてるので2個ついてます。ウィールは4個なのでベアリングは合計8個

ベアリングの付け替え方法は、

  1. ウィールのナットを取る
  2. ウィールをトラックのボルトの上のほうでベアリングが取れるように上下にこじる。(ボルトの山を崩さないように注意)上と下のベアリング両方を取る。ベアリングの間にワッシャがあるので注意
  3. 新しいウィールにベアリングをつける時はトラックにベアリングとワッシャをはめてウィールをガチっとはめる。
  4. ウィールの反対側のベアリングも同様にトラックにベアリングを入れて上からウィールを押し込むようにはめる

以上で付け替え完了。(ちょっと説明の仕方悪いかも)

ベアリングの外し方のビデオがありましたのでこっちのほうがわかりやすい。

サトリ スケートボードウィール SATORI Goo Ball 2の乗り心地はどうか?

ロングスケートボード本体のLOADED DERVISH SAMAは4ヶ月くらい雨や暑い日以外毎日乗ってるのでボロボロになってきちゃいましたがウィール変えるだけで少し新しくなった気がして気分が良いです。

実際に乗ってみたところ、一言で言うとローデッド オランガタンより「転がりが悪い」、音も少しだけ静かになったけど劇的には変わりないというところ。

転がり性能が悪いのはベアリングを交換した時に油がとれたのもあるのかもしれないと思い手でウィールを回してみたけどオランガタンと同じくらいの回転なので柔らかくて転がりが悪いのかもしれない。

あと、カーブとかのときにキューキューいいます。これはウィールが新しいからかもしれないしカーブしたときにウィールに負荷がかかって柔らかくてよじれるのか?不明ですが音は大きくないので問題ない。

どっちにしろオランガタンのほうが気持ちよくスィーっと進むので好みのウィールだったみたい。

練習ではサトリでやるとブレーキがかかったようでつまずいてふっ飛びやすいけど転がらないので恐怖感が薄れて練習しやすいかもしれない。

音は転がしてるときは少しだけ低音のガラガラで少しだけ静かだけどオランガタンとあまり変わらず、やっぱり板を回転させたりトリックで板がひっくり返った音のほうが大きいので変わりないといったところ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする