【物を持たない事について考える】所有=面倒・心配・ストレス→シンプルライフ♪

スポンサーリンク




車・家・服・机・家電・・スマホ以外のすべての物が最終的に必要無くなる時代は来るのだろうか?

免許書やマイナンバー、クレジットカードなどが電子化されたら、最低限必要なものがスマートフォン(もしかしたら皮膚に埋めるとか、遺伝子情報に埋めるとか、他の呼び方の電子機器)になってくると思います。

できればスマホ以外のものはすべてレンタルで生活してみたいけど、今の日本の現実社会でするとなると、ものすごく経費がかかりそうでやれません。

結局のところスマホ以外持たないというのはホテル暮らしに当たりますが、自分はお金持ちでも無いしそんなに高額になると経費では落ちないので無理です。

「物を持たない」について世の中でニュースになっていることを見てみます。

「物欲なき時代」なのかな?

ここに書いてあります、「ライフスタイルを売る時代」というのは前から商売人はそういう戦略をとっていたわけで、今始まったものではないと思います。

物語が無い商品は売れないし、「コレを使ったらこういう素敵な自分になれる」という想像ができない商品は売れないのは今始まったことではないですね。

商売が上手い人はみんな人間の感情を操作して商売しています。

Apple の半年遅れのスペックの物が売れるのも「ちょっとした未来を感じさせてくれる」や「喫茶店でMacBookを弄ると自慢(目立つ・カッコいい・優越感)で きる」などがあるのでこぞって買うんです。(過去はMacOSしか無い時代もあったけど、現在はMacOS Xが特別優れているのでは無いと思う。優れていたらみんなFreeBSD使うでしょ・・・といいつつ10数年Macオタクでした汗)

なので、そういう背景が無い(多少あるけど)HPやDell、Lenovoは「感情を利用しないで」安さ・機能で勝負しているはずです。

こちらは本の紹介ページなので、ライフスタイルは本の一部の内容だと思いますが、

僕の場合は物欲あります。

物 が欲しいという物欲はありますが、同時に物を減らしたい・増やしたくない・処分したいという変な欲(その裏には物が少ないと、物について考えることが少な くなる時短・物について心配(傷・カバー・修理・盗難など)することがなくなるストレスフリーになれるという感情がある)もあるので、買う場合は処分し て、というように物を買った場合は物を処分するという習慣ができてしまいました。

以前のようにお店に行って2,3個の中から選ぶことや、衝動買いは全くなくなりました。

これもインターネットのネットショップが普及したおかげでしょうね。

間違った、自分が使わない商品を買う確率が減り、今まで見つけられなかった選択枠が出てきて、より自分に合う商品を選べるようになりました。

その分、選ぶ時間が長くなり欲しいと思った時には買わず、2,3日から3ヶ月くらいは長考する時間ができました。衝動買いは全く皆無。

ただ、ネットの無い時代と違って現物を見ないで買った場合は失敗する確率もあります。

物を購入・所有する時代の終わりに近づいたけど、

所有物を完全に無くすことはまだまだ先の時代だと思います。

今自分が所有しているものの中で一番多いのは服、

裸で生活するわけにもいかず、冬なんて寒いので(汗)少なくとも冬用に数枚は持っていないと乗り越えられず、一番厄介なのは服ですね。

ネットが発達した現代は、買う物の選択枠があまりにも多くなりすぎて、消費者はどれを買えば良いのか分からなく、買うまでに幾つもの情報を消化しないと本当に欲しい物が選べないという状態だそうで、

(そうですね、自分も物を選ぶ(増やす)のに2,3ヶ月は検討するようになりました。ネットが無い時代はお店に言って即決しか道はなかったし、衝動買い多発)

これを解決するのがサブスクリプションサービス(物やサービスの利用期間に対して費用を払うサービス)というもの。

服のレンタル

要は、服選ぶの面倒で、毎シーズン買うのも面倒・・・だったら服なんて借りればいいじゃん。が実現できるサービス。

月額制で何度でも手元に届く!女性向けの新感覚オンラインファッションレンタルサービス。「服を選ぶ時間がない」、そんな忙しい女性の悩みを解消するのは、エアクロ。服との出会いを最大限楽しめる新しいインターネットサービスです。
あなただけの秘密のクローゼットで毎日のコーデが変わる

コレいいですよね。しかもお高くなく、結構低価格なんじゃないでしょうか?

こういうサービスが一般的になったら洋服屋さんは売れなくて大変ですが、すごく便利な世の中になりそうですね。

自分は月に数回しか外に出歩かないしファッションに気を使う時間も必要なし!同じ服、ということも全く無しで最高のサービスですね。

ただ・・・男性の普段着ファッションレンタルが無い(ネクタイ・スーツのレンタルはどこかにあったけど)ので、自分には利用できない。

あっ、逆に今の50個弱の服で十分なので服のサービスは自分には要らないのかもしれない。

(冬なんか普通の綿のシャツとか送ってこられたら寒くてヤバイし、かといってもこもこ過ぎて着づらい動きづらい服もキツイ。動きやすくて暖かい、アークテリクスなどのスポーツウェアのレンタルやらないかなぁ)

ゴミ問題の解決方法はゴミを出さないこと

不必要な物を買わない、物を増やさないことはゴミを出さないことに貢献していると思いますが、普段食べるものや飲む物は必ず包装されていて、どうしてもゴミが出てしまいます。

自分の家でも、なるべくゴミを出さないように、食品のトレー・生ごみ・ビン・空き缶など細かく分別していますが、分別したものがうまく再利用などできているのか分かりません。

四国にある徳島県上勝町という町はゴミを出さない町として注目を集めているようです。

2000人以下の小さな町、徳島県の上勝町。四国の中でも小さな町ですが、いま世界から大注目を浴びています。「ごみゼロ」を日本で初めて宣言し、全てのゴミを資源に換えようとする試みで、たびたびメディアなどでも紹介される上勝町。その試みがこちらです。

うちもこのビデオくらい細かく分けて、トレーや空き缶などはスーパーのリサイクルの箱に入れたりしていますのでゴミを出さないことに貢献しているのかもしれませんが、効果のほどがいまいち分かりません。

子供が大人になるころはゴミの無い世界になってくれれば何よりです。

逆に今の北京のように光化学スモッグで外出できないくらいの世界になったらすごく悲しい。

ゴミだらけの海岸でデートするカップル 中国・大連

ゴミだらけの海岸でデートするカップル 中国・大連

中国では貧富の差がものすごく激しく、ゴミ溜めのようなバラック小屋に住んでいる人が大勢いる横の地域は高い塀に囲まれた高級住宅街(警備員付きで住民しか入れない)があったりして日本とはぜんぜん違う光景です。

日本は上の写真のようにはならないと思いますが、今後はもっと貧しい人が激増することが予想されるので、ゴミが溢れかえる国にだけはならないことを願います。

物を必要とせずに生きるには現在はお金持ちしか無理っぽい

やっぱりこの先は物がどんどん減ってきて、物を持つのを減らす人が増えてきそうです。

究極を言えば専用電子端末(IDやお金、現在でいうスマートフォンのようなもの。ネット端末遺伝子かな?)以外のものは必要無くなりそうです。

それ以外の物はすべて借りるか一定期間使用したらリサイクルするシステムができるかもしれない。

現代でそれを実現しようとすると、ホテル暮らしに相当すると思いますが、お金持ちしかできなさそうです。(ホテル暮らしだと自分の所有物は邪魔なので持たなくていい)

家具・家電・服・車・食料宅配、全部付きの賃貸マンションが出れば一般人にも人気が出そうですね。自分も人柱的に是非入居したい!

(というより今住んでるところ空き部屋全部借りてそういうサービスやってみたいなぁ、いくら位で採算取れるかな?)

ホテル暮らしや、全部付きの賃貸マンションだったら仕事道具(パソコン・スマホ)以外は必要なさそうです。(現在の日本では男性は服も持ってなきゃいけないのかもしれない。)

日本でもお金持ちは、ホテル暮らしやってる方は結構いるみたいですね。

体一つで世界中行けて、物に対する心配ゼロ!かなり羨ましいです♪

所有物で車が一番デカイ物ですが、

車ででかけようとしたら、エスティマ君のバッテリー上がって(泣)エンジンかからなく、ロードサービス呼んで近くの車屋さんにバッテリー交換しに行きました。

車・・・動かなければ超デカイ粗大ゴミ

物を持っていると消耗品を管理しなければいけないし、こんなトラブルや心配事が多くなりますよね。

車が無ければこんなトラブルにも会わなくてすむけど田舎暮らしだとそうも行かず、そう考えるとやっぱりホテル暮らしが現状では一番ストレスフリーになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク