TPMS タイヤ空気圧監視システム・OBD-II・BTトランスミッター レビュー

車・ルーフテント

TPMS タイヤ空気圧監視システムとOBD-IIスキャナー 自動車診断スキャンツールのレビューです。

  1. CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム レビュー
    1. CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 開封の儀
      1. 梱包
      2. 化粧箱
      3. 開封
      4. 付属品など
      5. 取説
    2. タイヤ空気圧監視システムセンサーをエスティマに装着
      1. センサーをタイヤに装着
    3. CACAGOO タイヤ空気圧監視システム LCDモニター
    4. CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム まとめ
  2. 【CACAGOO】OBD2 Bluetooth4.0 OBD-IIスキャナー 自動車診断スキャンツール
    1. CACAGOO OBD2 Bluetooth4.0 スキャナー 開封
      1. 梱包
      2. 化粧箱
      3. 開封
      4. 取説
    2. CACAGOO OBD2 Bluetooth4.0 エスティマに装着
    3. Mini OBD2 専用アプリインストール
    4. OBD Info-san! トライアル版 アプリを試す
  3. CACAGOO OBD2 Bluetooth4.0 スキャナー使ってみた感想
  4. TaoTronics Bluetooth 4.1 2-イン1受信機 レビュー
    1. TaoTronics Bluetooth 4.1 2-イン1受信機 開封
      1. 化粧箱の状態
      2. 開封
    2. TaoTronics Bluetooth 4.1 2-イン1受信機 エスティマに設置
      1. 設置する前にボタンなど側面をチェック
      2. エスティマはVIDEOにどうやって変える?
      3. TaoTronics Bluetooth受信機をエスティマに設置
    3. TaoTronics Bluetooth 4.1 2-イン1受信機 まとめ
  5. Aukey FMトランスミッター BT-C5 レビュー
    1. Aukey FMトランスミッター BT-C5 開封
      1. 化粧箱の状態
      2. 開封
      3. シガーソケット部
      4. コントローラー部
      5. UMI SUPERとBT-C5の風景
    2. Aukey FMトランスミッター BT-C5 エスティマに接続してスマホのYoutube聞いてみた
    3. Aukey FMトランスミッター BT-C5 使ってみた感想

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム レビュー

dodocool関連のカー用品ブランドCACAGOOからタイヤの空気圧監視システムが来たのでレビューします。

自分はクルマに関してはウトいので、あまり詳しいことは分かりませんが、こちらはタイヤの空気を入れるバルブ部分にセンサーを装着すれば空気圧がLCDモニターにリアルタイムに表示されるというブツです。

空気圧やタイヤ温度ってそこまで頻繁に監視する必要があるかどうかは分かりませんが、パンク時のエア漏れがすぐに分かるのは嬉しいですね。クルマ好きな方でしたら使い方によっては魅力的なガジェットなのかもしれません。

こちらのLCDモニターはバッテリー駆動でMicroUSB接続で充電えきます。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター バッテリー

小さいのでクルマのダッシュボードに置いても気になる大きさではない。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター 小型

LCDモニターで空気圧・タイヤ温度・空気漏れの3つの項目が表示されます。3項目が異常になるとピッ・ピッとアラート音が鳴って警告してくれます。

空気圧は白い表示で、↓タイヤ温度は黄色い枠内で表示されます。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター 空気圧・温度・空気漏れ

最初にパッケージを開けてボタンを押すと・・・空気圧が測れずピッピッとずっと警告が鳴るので、ボタンを押す前にタイヤにセンサーを装着して空気圧を計測出来る状態にしておいたほうがやかましくなくていいと思います。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 開封の儀

では実物を開けて、クルマのタイヤに装着していきます。

梱包

Amazon.co.jpから来たのでいつも通りキレイです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 梱包

化粧箱

梱包もビニールで封印されていて完璧な状態で届きました。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 化粧箱表CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 化粧箱裏

開封

取説の冊子が2冊入ってます。装着の仕方がまったく分からないのでちゃんと説明してくれるのは嬉しいです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 化粧箱 開封

4つのタイヤに装着するセンサーとLCDモニター・USBケーブルや6角レンチもはいってます。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 出す

LCDモニターは充電式なので常時ケーブルで接続しなくてもよく、バッテリーが減ってきたらMicroUSBケーブルで充電すれば良さそう。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター本体

バルブに付ける4つのセンサーは径が大きくバルブに装着すると不格好になりそう。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム センサー

なかなかカッコいいLCDモニターです。空気圧表示以外には使えないのが残念。

IMG_CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニターななめ

付属品など

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター本体と付属品 図

6角プラスチックのセンサーを締めるような工具は使い方がわからず最後まで使いませんでした。センサーの電池交換時に使用するようです。(電池は1~2年で寿命になる)

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター本体と付属品

このシート↓をLCDモニターの下に敷いてモニターをダッシュボードに乗っけても暴れたりひっくり返らないようにする。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニターに敷くシート

取説

ページがたくさんあるので日本語の部分のみアップしました。

別の冊子でバルブの装着方法も図で書いてありました。バルブについているゴムキャップを外して代わりにセンサーを装着して、外れないようにナットで固定するようです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 暗くても見やすいLCDモニター

クルマ素人でもそこまでムズカシイ作業ではなさそうです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 取説 1 CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 取説 12

タイヤ空気圧監視システムセンサーをエスティマに装着

4つのタイヤのバルブ部分にセンサーを装着すれば自動的に空気圧などがLCDモニターにワイヤレスで表示してくれるので装着も便利そうです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム ワイヤレス

センサーをタイヤに装着

まずはバルブにナットを入れて、その後センサーを装着してナットを締めるとセンサーが外れづらくなるようです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム センサー装着の前にナット入れる

センサー装着してみる。頭デッカチでちょっと不格好になってしまった。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム センサー装着

改めてタイヤホイールを洗って空気を入れてから4つのセンサーを装着した。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム センサー装着完了

CACAGOOタイヤ空気圧監視システムには空気圧は3.0bar~2.0barなどありますが、エスティマは215kPaくらいだったか?なので2.1barほどが正常値だと思います。詳しくは分かりませんがkPaはbar x 100の単位のようです。

CACAGOO タイヤ空気圧監視システム LCDモニター

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 明るくても見やすいLCDモニター

粘着力のあるシートがあるのでダッシュボードのどの部分に置いてもLCDモニターが暴れることはなかった。

とりあえずは運転席から見やすいところに設置してみる。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター 手前に設置

上の設置場所だとちょっと邪魔だなぁ、と感じたのでインパネ右側に設置してみた。ここだと誰が運転しても邪魔にならないのでこの場所にしよう。

晴れて眩しいとそれほど明るく表示されないので見づらい時もあった。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム LCDモニター 奥に入れる

下の画像はシートが無いので撮影用か?両面テープで貼り付けたようです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム 暗くても見やすいLCDモニター

それほどモニターを見る機会はなさそうだけど、高速よく乗る方で空気圧を微調整する場合には大活躍しそうです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム まとめ

オフロードなど四駆で頻繁に空気圧が減ったり?する場合には良いかもしれません。

センサーはバルブのキャップを外して装着するタイプなのでそれほどムズカシイことはなく、素人でも装着できましたのでどのクルマでも簡単に使えると思います。

バルブに刺すタイプのセンサーもありましたので、こちらは素人ではちょっと扱いにくいのかもしれません。バルブに刺すタイプ・キャップタイプ(今回はコレ)の2種類のセンサーがありますのでご注意ください。

空気圧を2.1~2.2くらいにして春の旅行で高速走ったらなぜか2.3barくらいに空気圧が上がってしまって、高速走行中にフワフワして走りづらかった。こういう時に空気抜いて空気圧を低めに設定するときにこのCACAGOOタイヤ空気圧監視システムが役立ちそう。

ただ、センサー取って空気圧低めにするのが面倒なのでそのまま高速走りきって放置・・・マメな人しかこのガジェットは役立ちそうにないです。

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム タイヤ空気圧温度測定 リアルタイム監視 4センサー LCDモニター

CACAGOO TPMS タイヤ空気圧監視システム タイヤ空気圧温度測定 リアルタイム監視 4センサー LCDモニター

【CACAGOO】OBD2 Bluetooth4.0 OBD-IIスキャナー 自動車診断スキャンツール

スマホからODB2の情報を閲覧できて、アプリを入れるとスマホがタコメーターのようになったり車の状態を診断してくれるというブツが届いたのでレビューします。

車にウトいながらもODB2というのは前から興味ありましていつか試してみようと思っていましたが、最近まではWifiで接続するスキャナーしかなかったような?気がしましたがBluetoothで接続できるのは便利ですね。Wifiだといちいち接続先変えたりするの面倒そう。(自動だと自宅のWifiに先に接続しませんか?)

その点Bluetoothだったら自動で気兼ねなく車のハンズフリーやODB2スキャナーに同時に接続できるのでグッド。では装着してアプリを入れて試してみましょう。

CACAGOO OBD2 Bluetooth4.0 スキャナー 開封

梱包

img_20161119_151904

化粧箱

小さくて硬い箱です。dodocoolと同じような、というより中国ガジェットの箱はみんなこんな感じですね。

開封

本体も小さい。簡単な基盤が中に入っていてBluetoothを出力しているようです。

img_20161119_152007

日本語の取説もあったので下で載せておきます。

img_20161119_152039

16ピンの差し込みで、車の運転席の下のほうにあるポートに刺すようです。

img_20161119_152055

取説

2016%e5%b9%b411%e6%9c%8820%e6%97%a510%e6%99%8222%e5%88%8604%e7%a7%92

CACAGOO OBD2 Bluetooth4.0 エスティマに装着

運転席の下のほうにポートがありました。これ以前はカバーがあったのかな?なんかこのままの状態ではなかった気がする。忘れた。

img_20161125_161722

刺してみたらぴったり合いました。コレですね。エンジンをかけると赤く点灯

Bluetoothに接続は問題なくできました。パスワードは0000で接続完了

それではアプリをインストールして接続してみましょう。

Mini OBD2 専用アプリインストール

専用アプリがありますのでインストールしましたが、対応車種がすくないので結果的に自分の車エスティマには使えませんでした。

Android Play Store

自分の車のエスティマが無いから使えないんだと思います。なのでこちらのCACAGOO OBD2 スキャナーを導入する場合はこのMini OBD2アプリで車種があるか確認しましょう。

とりあえずご自分の持っている車に対応しているか確認する場合はTry Modeで良いかと思います。日本車はかなり少ないようですよ。

自分は一応ユーザ登録して試してみました。Choose Modelで自分の車を探してみます。

TOYOTAはありましたがエスティマが無いんです、調べたところエスティマは海外ではプレビアとかシエナ(ちょっと形が違うような)と呼ばれているようです。そのどちらもないですね・・・

まっ、適当にRAV4あたりを選んでみましょう。正常に動けば問題なさそう?かな。

おっ、接続できた!と思いきや・・・ダメェ・・・何回やってもダメでした。

できないのでOBD2に対応している違うアプリを試してみましょう。

OBD Info-san! トライアル版 アプリを試す

こちらは日本語で書いてあるので車にウトい自分にもある程度分かりそうな気がする。

Apple AppStore

それにしてもこちらは項目が多くて車の状態がいろいろと分かりそうです。

BluetoothでCACAGOO OBD2 スキャナーと接続するときに初期化するようです。でもちゃんと接続できているようで一安心♪

screenshot_20161129-135034

車を動かしてない状態なので、まだなにもログがたまってない状態ですね。スミマセン、ドライブでもしたいのですが・・・ちょっと時間が無いのでドライブできたらスクリーンショットアップしますね。

screenshot_20161129-134803

止まっていてもGPSと左側の距離計?のようなのが少しずつ動いています。

CACAGOO OBD2 Bluetooth4.0 スキャナー使ってみた感想

まだ本格的に使う時間がなかったので試せてませんが今のところタコメーターになって車のいろいろな状態を表示できるようです。車好きな方にはたまらない機能なんじゃないでしょうか。

CACAGOO OBD2 スキャナーの専用アプリを使いたい場合はまずはアプリを入れて車の車種があるか確認しましょう。OBD2に対応しているアプリはかなりの数があるので車に詳しいかたはOBD2アプリをたくさん試されていると思いますので良いアプリあったら教えてください。

CACAGOO OBD2 ワイヤレス4.0 OBD-IIスキャナー 自動車診断スキャンツール 車専用診断機 HUDヘッドアップディスプレイ機能付き iOS/ Androidののデバイスに適用

CACAGOO OBD2 ワイヤレス4.0 OBD-IIスキャナー 自動車診断スキャンツール 車専用診断機 HUDヘッドアップディスプレイ機能付き iOS/ Androidののデバイスに適用

TaoTronics Bluetooth 4.1 2-イン1受信機 レビュー

プラグのイヤホンやヘッドホンをBluetoothでワイヤレスにしちゃおうという機器がやってきたのでレビューします。

こちら、『いまさらヘッドホンプラグをBluetoothに変換か?』とナメてましたが、コレをエスティマ君に装着するとスマホの音源をエスティマで聞けちゃうんです!

いや、『FMトランスミッターつけて聴けばいいじゃん』と言うかもしれませんが音質悪いし、いちいちチューニングしないといけないのでちょっとメンドウ。

しかも自分のエスティマ君は9年落ちくらいの古いお車なのでUSBなんて付いてなく(泣)あと、一応エスティマはBluetoothでスマホとペアリングできますが電話しかかけられずハンズフリーマイクにしかならないんです。ホント時代遅れのクルマでスンマセン、最近のはどうなんだろうか?興味出てきた。

TaoTronics Bluetooth 4.1 2-イン1受信機 開封

化粧箱の状態

すごくキレイな化粧箱です。

IMG_20160826_170032

開封

IMG_20160826_170057

パカっと開けると本体がビニール袋に包まれています。

IMG_20160826_170119

その下、付属品と取説の箱があります。

IMG_20160826_170204

付属品は電源用のMicroUSBケーブル・イヤホンジャック・L/Rピンコード・取説です。

取説は本のようになっているのでスキャンしませんでした。

TaoTronics Bluetooth 4.1 2-イン1受信機 エスティマに設置

設置する前にボタンなど側面をチェック

IMG_20160826_170424

イヤホンジャックにL/Rピンコードを刺して、クルマのVIDEOに刺します。

IMG_20160902_113339

エスティマのVIDEOは3列目の左側脇にあるんです。自分のエスティマ君はちょっと改造というか運転席の前のボックスにVIDEOのイヤホンジャックを引っ張ってきてもらってるので簡単。(後ほど説明します。)

IMG_20160826_170653

MicroUSBとイヤホンジャック

IMG_20160826_170700

TXがトランスミッター、RXがレシーバー。今回はRXを使います。

IMG_20160826_170708

ボリュームと先送り・巻き戻しもあります。どっちかが長押しでしょう。

エスティマはVIDEOにどうやって変える?

エスティマはVIDEOのボタンが無いのでちょっと迷いました。以前はiPodで使ってたのですが忘れてしまった。

IMG_20160831_151831_01

今は亡きMDが使えるクルマなんですヨ、MD使ったことないので1枚も持ってないけどJAZやZIPドライブ(古すぎて誰もしらない)のリムーバブル磁気ディスク時代の化石のメディアですな(古)

IMG_20160831_151713

ディスプレイを開けるとその奥にDVDとMDが入るようになっている。その上はGracenoteとかMP3とか書いてある。Gracenoteはカーナビアップデートする時に使うものらしいけど今では使えないでしょうね、多分。カーナビも一回もアップデートしてないので地図が古い。

IMG_20160831_151824

VIDEOモードやっと見つけた。TVを2回押すとVIDEOになるようです。

TVは地デジ以前のアナログ用のTVなので全く使えません。

TaoTronics Bluetooth受信機をエスティマに設置

エスティマを買う時にiPodを置きたいがためにハンドルの前のBoxを外してL/Rピンコードのケーブルなどを這わせて持ってきてもらい、電源のシガーソケットも別途用意してもらい、穴を開けてボックスにiPodを置けるようにした名残。

IMG_20160831_151431

ボックスのフタは跳ね上げ式になってましたが壊して外せるようにしてあります。

IMG_20160831_151510

設置完了、RXモードにして、電源ボタンを長押して赤青点滅させてペアリングをします。

Screenshot_2016-08-31-16-14-42_com.android.settings

Xiaomi Mi4Sとペアリングできた!

2台のスマホとペアリングできるようです。

音もFMトランスミッターよりは数倍良く、普通耳の自分には満足な音です。

IMG_20160831_152000

ボロ隠しのパネルの裏に派手に穴が空いてます。

IMG_20160831_152037

フタをしちゃえばこのとおりアラはなくなります。

TaoTronics Bluetooth 4.1 2-イン1受信機 まとめ

コレ、ほんとBluetoothをただ接続するだけじゃんとナメてましたがトンデモナイ!スマホの音楽をクルマのスピーカーでならせちゃうなんて・・・感動です、それだけ古いクルマなんで。

以前はiPod使ってましたがもう何年も前に処分してそれ以降はクルマで音楽をあまり聞かなくなってしまった、というかCDの音楽が自動的にカーナビのHDDに保存されるので何年も前の音楽を何年も聞き続けだったので、いいかげん飽きて最近はFMラジオのラブFMをきいてました。スマホ+クルマでEDMとか最近の曲とかたくさんの曲が好きなだけ聴けるのはスゴク嬉しい。

これから愛用していきたいです。

TaoTronics Bluetooth 4.1 トランスミッター & レシーバー ワイヤレス2-イン1受信機+送信機 アダプター aptX 低レイテンシー 2台と接続可能 家や車などのサウンドシステム用 TT-BA08
TaoTronics Bluetooth 4.1 トランスミッター & レシーバー ワイヤレス2-イン1受信機+送信機 アダプター aptX 低レイテンシー 2台と接続可能 家や車などのサウンドシステム用 TT-BA08

Aukey FMトランスミッター BT-C5 レビュー

AukeyのFMトランスミッターを紹介します。

こちらスマホやタブレットなどの音楽を再生できる機器の3.5mmイヤホンジャックに差し込むタイプのFMトランスミッターです。

コレがあればクルマの中でもスマホ内の音楽がクルマのオーディオ機器で聴けるというやつです。

最新のクルマにはUSBやBluetoothで接続するものがあるのですが、今自分が乗っているエスティマにはそういうものは付いてなく、カーナビにはBluetooth接続のハンズフリー機能しかありませんでした。

もう8年ほど前のクルマなので時代遅れになってしまっているようです。

クルマはほとんど乗らないけどあと2年はエスティマ君に頑張ってもらうつもりです、はい。

Aukey FMトランスミッター BT-C5 開封

化粧箱の状態

ビニールで密封されています。

IMG_20160811_114841

封をあけて、化粧箱を見てみましょう。

IMG_20160811_115005

こんな感じ、いつものAUKEYの箱です。

IMG_20160811_115027

開封

パカっと、シガーソケットと操作部・イヤホンジャックが見えるようになっていました。

IMG_20160811_115039

本体・取説・会員登録カード、シンプル仕様です。

IMG_20160811_115115

シガーソケット部

IMG_20160811_115227

AUKEYの文字があって、シガーソケットを挿すと同時にUSBも使えてスマホなど充電できるようになるのも嬉しい。

IMG_20160811_115236

スマホを充電しながら音楽聴けってことでしょうね。

コントローラー部

ラジオチューナーを合わせる上下のボタンしか無いシンプルな構造。デザインもカッコいいです。

IMG_20160811_115300

裏面は何もなし。コントローラー部は触った所気持ち良い塗装がしてあります。

IMG_20160811_115459

UMI SUPERとBT-C5の風景

スマホのイヤホンジャックに刺して、

IMG_20160811_115348

クルマのシガーソケットに刺して音楽を再生する。

IMG_20160811_115408

早速使ってみましょう。

Aukey FMトランスミッター BT-C5 エスティマに接続してスマホのYoutube聞いてみた

シガーソケットに挿すとコントローラーに数値が表示されます。

IMG_20160812_145413

これをカーナビのFMと同じ数値に合わせればOK、表示は10.79なのでカーナビをFMに切り替えて10.79に合わせます。

IMG_20160812_150117

Youtubeを聞いてみました!おぉ聞こえる。

音質は、普通ですね・・・やっぱりFMで飛ばすタイプなので音質はFMの音で良いとは言えない音ですね。

Aukey FMトランスミッター BT-C5 使ってみた感想

構造がシンプルで使いやすい。

サウンドはやはりFMで飛ばすタイプなので期待はできません。

友達とドライブする時など友人のスマホを装着して聴く時によいかもしれませんね。

Aukey トランスミッター FMトランスミッター 3.5mmオーディオプラグ 周波数適応機能付き BT-C5
Aukey トランスミッター FMトランスミッター 3.5mmオーディオプラグ 周波数適応機能付き BT-C5

コメント

  1. 匿名です より:

    気になっていた商品のレビュー、とても参考になりました。ありがとうございます。
    空気圧は、温度で上がりますので、走行中は高く表示されます。
    メーカー推奨値はあくまで20℃近辺の常温の値です。高速走行中に圧を下げるのは、バーストの危険がありますのでお気をつけて。。。

    • GO より:

      走行中は高くなるのですね、走っていると数値が変わるのでちょっと気になっていました。ありがとうございます!
      バーストの危険・・・そうだったんですね(汗)気をつけますm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました