スポンサーリンク

ベランダ野菜が育たなくなったのでお部屋温室をDIYしてみた

スポンサーリンク

家族が食用の野菜の種を植えてなにやら育てている。寒くなったのでなかなか育たないらしいので、それならば透明のハウスを作って温室にすれば暖かい空気が逃げないんじゃないかと思い、今は使わないものをかき集めて温室をDIYしてみた。

温室の構造は、洗面器のようなものの中にいれていた鉢全体をおおいかぶせるように上からポンッと温室をかぶせるようにしただけです。

これで温室効果がでるのか不明だが無いよりはましかもしれないので作ってみます。

お部屋温室の材料

使ったのは以下です。プラベニアを適当な大きさに切って、カッターの切れ目を入れて折ってコの字にして適当にテープで貼り合わせただけ・・・

養生プラベニア

工事現場の内装の時に使う養生プラベニア。昔ホームセンターで買ったもので今は使ってない。

Amazonでは高いけどホームセンターに行けばもっと安いのが売ってると思う。

梱包テープ 透明

商品を梱包するときなどに使う幅広のテープ。これでプラケースと養生プラベニアを貼り付けて箱にした。

IKEAの小物入れ

1個200円弱で買った仕切りの付いた透明プラの小物入れ4つ。今は使ってないので温室の壁として使う。

DIY温室できた!

こんな風にできました。温室効果は?あるのか不明・・・

img_20161207_110336

やはり植物は育てるの難しいですね。自分の育てていた天使の涙(ベビーティアーズ)は全滅しました(泣)

img_20161208_110807

数日使ったけど結露してあまり意味がないのかもしれません(汗)もう少し温室として効果がある作り方をしないといけないのかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする