スポンサーリンク

焼酎に使う丸氷が欲しいので【丸氷 製氷器 俺の丸氷】買ってみた

スポンサーリンク

いつも飲んでいる晩酌の焼酎に入れる氷が味気ないので丸い氷が欲しくて俺の丸氷を買ってみました。

いつも飲んでいる焼酎はコレ↓すごく気に入っている味で、ソーダとかグングンとか割って飲んでる。

焼酎はあまりよくわかりませんが、ジンとかラム酒が好きなので芋焼酎はちょっと飲みにくいので焼酎甲類が好き。

雪峰450に入れて飲んでます↑チタンなので割れずに、なくならなければ一生使えそう。2重構造ですが中が真空ではないため水滴つく時もあって、その辺も変にずっと冷たくなくて気に入ってます。

で、普通の氷を入れると溶けるのが速いしなんか味気ないので丸い氷になる製氷器を探し始めてます。

まずは、こちら↓の製氷器を試してみることにした。

丸氷 製氷器 俺の丸氷 開封

  丸氷 パッケージ表 丸氷 パッケージ裏

パッケージをバリバリに開けたので内側の説明が破れてしまったけど使い方を撮影しておきます。

本体は、白いプラスチック容器と黒いシリコンのような柔らかいフタ。

丸氷 黒いフタと容器

白い容器に線まで水を入れて黒いフタをかぶせる。黒フタをきっちり締めると真ん中の穴の部分以外には水がタレてこないのも良いところ。あとは冷凍庫に入れておくと丸氷ができる。

丸氷 黒いフタ

どのくらい透明か、気泡はどのくらいできるかが問題ですけど・・・そういうのはこだわるブツではなさそうで気泡・透明度は予想外に普通に白い気泡だらけの氷ができた(汗)

工夫すれば透明な氷ができるようですが、面倒すぎてやる気にはならなかった。

丸氷作ってみる

こちら↓で浄水した水を「俺の丸氷」に入れて凍らせました。

俺の丸氷 製氷完了

このように↑凍った状態で丸氷をだしてみます。

俺の丸氷 製氷完了 フタを取る

はい、(汗)あまり完成度の高い丸氷とは言えないですね。キレイな氷を作るにはもう少し工夫が必要みたいです。

snow peakスタッキングマグ 雪峰 H450に6cm丸氷を入れた場合

早速いつも使っているsnow peakスタッキングマグ 雪峰 H450に入れてみましたがちょっと丸氷が小さく感じてしまう。

俺の丸氷 スノーピーク雪峰450に入れた

あと、丸氷が小さく氷が少し足りないのでいつもより多めに焼酎を飲んでしまうのもダメなところ。

俺の丸氷 スノーピーク雪峰450に入れた ズーム *

snow peakスタッキングマグ 雪峰 H300に6cm丸氷を入れた場合

どうやら6cmの丸氷は300mlのコップにピッタリのようです。

俺の丸氷 スノーピーク雪峰300に入れた ズーム

300mlだと焼酎飲むのにちょっと物足りない大きさなんですよぉ、450mlに2つ6cmの丸氷入れると今度は氷が邪魔になりそう。

もう少し直径の大きな丸氷製氷器が欲しい

丸氷は6cmとある程度大きいのですが、スノーピーク雪峰450mmlには少し小さく感じた。

今度は6cmより大きい丸氷を探してさまよってみます。

ただみんな似たような製法なのでどれも透明になりにくそう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする