【メンズ 短パン】アウトドア系の定番オススメショートパンツ9選 動きやすく邪魔しない ストレッチ素材・水陸両用パンツもある

今年もショートパンツの季節がやってきました、というより5月下旬ごろからすでにずっと短パンの方も多いのではないでしょうか?自分もその一人です♪

短パンはアウトドア系のブランドが動きやすくトレッキングやスポーツなどのアクティビティでも自由に動けて、普段の生活でも邪魔をしない薄くて伸びる素材のものがいいですね。

そんなアウトドアブランドが出しているオススメの短パンをいくつか紹介します。

現在持っている短パン

あまり参考にならないかもしれませんが・・・現在持っている短パンを紹介します。

自分は家で仕事をしているので5月頃から10月頃まで気温が高めの時はずっと短パン履いています。仕事着・部屋着・外出着・散歩着・登山着としてずっと着用しているので、薄く動きを邪魔せずに履いてることが気にならないショートパンツを試しています。

今までで一番気に入ってまったく邪魔にならないショートパンツはパタゴニアGi IIIでした。

グラミチ ST-Short

グラミチのST-Shortも買ってみましたが、ちょっとゴワゴワしていて自分には合いませんでした。

最近は更新サボっていてスンマセン・・・ 5月頃買ったGRAMICCI ショートパンツのショートパンツを見ていきましょう。

Patagonia Gi III

定番のパタゴニアGi III、数枚もっていて現在も3枚もっています。もう10数年間は夏は必ず着用しています。

パタゴニア Gi IIIは涼しいし邪魔にならない昨日の半袖シャツにつづいて今頃(初夏)から晩秋まで毎日着用するパタゴニアGI IIIを紹介し...

今はパタゴニア Gi IV(4)になってバージョンアップしたようなので試してみたいのですが、まだ手に入れていません。

Arc’teryx レフロイ Short

今年2019から着用しているアークテリクスのレフロイショーツ、少しタイトなシルエットのため、ヒップの左右が少しキツめな気がします。

それと又上が短くチャックが短めなので、お腹が出ている(自分も)人にはちょっと違和感があるかもしれません。最初は又上が短めなのでちょっと違和感がありましたが、慣れればまったく気にならなくなってきました。

生地はストレッチ素材なのでトレッキングにも使える。

着用した画像がなくてすみません。部屋着として着用するならば、やはりパタゴニアGi IIIのほうが楽です。

水陸両用パンツは改善してほしい

水陸両用パンツは海やプールの水中でも着用できて、普段の生活で着用していても違和感が無い短パンですが、水中に入るので裏地にメッシュのインナーが縫いつけてあるものもあります。

なので、下着のトランクスやブリーフなどを着用することはできません。パタゴニアのボードショーツはインナーは付いていません。

海に入るときはインナーは必要ですが、主に普段着として着用して、たまに海やプールに入る場合はライナーが邪魔になりがち。

普段着として下着の上に着用できるようにインナーが取れるようにしてくれれば良いのですが、そいういったショートパンツはあまり見ません。

アウトドア+部屋着としてオススメ 短パン 9選

それではいつでもどこでも着用できるオススメなメンズショートパンツを紹介します。

グラミチ ST-SHORTS クライミングショーツ

グラミチ ST-SHORTS クライミングショーツ
GRAMICCIST-SHORTS

8,424円
シルエット 中間(ゆったりと細身の間)
素材 コットン98%、ポリウレタン2%
重量

その名のとおりスタンダードな少し細めのシルエットのクライミングパンツ

GRAMICCIの代名詞的存在のG-SHORTSを少し細身にしたクライミングパンツ
片手で簡単にサイズ調節ができるウェビングベルト、快適性と足運びの良さを実現する股下の180度開脚可能なガゼットクロッチ。

グラミチのST-SHORTSは2018年に履いてましたが、生地がコットンでちょっとジーンズっぽくてゴワゴワした履き心地なので長時間デスクワークのときに履いていて気になるときがありました。それとスリムでスタイリッシュなシルエットでオッサンなので座るとお腹がでていて・・・ベルトあたりが苦しい・・・

ノースフェイス ウォーターライトショーツ

ノースフェイス ウォーターライトショーツ
THE NORTH FACEWater Shorts

シルエット
素材 Peach Polyester(ポリエステル100%)
重量

多少の水濡れOKで水辺のアクティビティに適したパンツ

ウォーターが付きますが、水陸両用パンツではありません。

グラミチ G-SHORTS クライミングショーツ

グラミチ G-SHORTS クライミングショーツ
GRAMICCIG-SHORTS

7,344円
シルエット ゆったりシルエット
素材 コットン100%
重量

GRAMICCIの原点クライミングパンツはアウトドアカジュアルの定番

GRAMICCIの代名詞的存在のクライミングパンツ
片手で簡単にサイズ調節ができるウェビングベルト、快適性と足運びの良さを実現する股下の180度開脚可能なガゼットクロッチ。

ザ ノースフェイス バーサタイルショーツ

ザ ノースフェイス バーサタイルショーツ
THE NORTH FACEVersatile Shorts

5,940円(税込)
シルエット
素材 NORTHTECH Cloth DRYFACE(ナイロン100%)
重量

ナイロン素材のシンプルなショートパンツ

撥水加工で多少の雨でも平気、完全に水没は未対応だけど水辺のアクティビティによさそう。

パタゴニア メンズ バギーズ ショーツ

パタゴニア メンズ バギーズ ショーツ
PatagoniaBaggies Shorts

7,020円
シルエット
素材 リサイクル・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工
重量 221~227g

パタゴニア定番の水陸両用パンツ

バギーズ ショーツは定番なので多数のカラーがあり、
5インチ(ノーマル)、ライト(6 1/2インチ)、ロング(7インチ)の3種類の丈のサイズを選べます。
メッシュライナーがあるので陸専用で履く時も下着着用不可。

ザ ノースフェイス マッドショーツ

ザ ノースフェイス マッドショーツ
THE NORTH FACEMud Shorts

7,776円(税込)
シルエット
素材 表地:Super DWR Nylon Cloth(ナイロン100%)、裏地:PP Mesh(ポリプロピレン100%)
重量 245g

水陸両用ショートパンツ

表地ナイロン素材、裏地プリプロピレンメッシュで水陸両用ショートパンツ
水陸両用で裏地がメッシュになっているので下着(トランクスやブリーフ)は履けません。

Arc’teryx レフロイ Short

Arc'teryx レフロイ Short
Arc’teryxLefroy Short

11,880円
シルエット スリムフィット
素材 Aequora AirPerm™86% ナイロン、 14% ポリウレタン
重量 207g

空気透過性のあるスリムなテクニカルショーツ

ロングトレイルトレッキングに適したショートパンツ。
ナイロンベルトとメタルのフック式バックル。
ジップ付き腿ポケット、メッシュ裏地ハンドポケット 2 つ

Arc’teryx パリセード Short

Arc'teryx パリセード Short
Arc’teryxPalisade Short

15,120円
シルエット トリムフィット
素材 TerraTex™94% ナイロン、6% スパンデックス混
重量 225g

スタイリッシュでスリムな伸縮性のあるTerraTexナイロン素材のショートパンツ

スリムでスタイリッシュな見た目が特徴の夏の定番 パリセードショートパンツ。
伸縮性もあるので動きを邪魔せずトレッキング・街着にも最適。
ナイロンベルトとメタルのフック式バックル。
左右メッシュ裏地ジッパー式ハンドポケット・ジップ付きリアポケット・左右のジッパー式カーゴポケット

パタゴニア GI VI ショーツ

パタゴニア GI VI ショーツ
PatagoniaGI IV

10,800円
シルエット スリムフィット
素材 オーガニックコットン78%/T400・ポリエステル22% ツイル
重量 337g

ストレッチ織りであらゆる動きを邪魔しない

メカニカル・ストレッチ織りであらゆる動きを邪魔せずに外出時でも部屋着でもいつでも着用していられる。
バックル・ナイロンベルト付き
ポケットは左右の斜め型ハンドウォーマーポケット・右腿にジッパー式ポケット・左右のヒップにボタン留めポケット

自分はGi IIIを愛用していましてGI IVはその進化版、GI IIIでの感想になりますが、薄地の生地でちょっとゆったりしていてお腹も苦しくない。
生地は少し伸び縮みするので激しい運動にも対応可能で登山でも使用しています。履いていることを忘れるくらい邪魔しないかなりオススメのハーフパンツです。

オススメショートパンツ まとめ

理想のショートパンツ

短パンの理想としては以下のような項目をクリアしているのが理想でしょうか?

  1. 生地が薄めで涼しい
  2. ストレッチ素材
  3. 着用時に違和感がなく動きを邪魔しない
  4. 部屋でもアウトドアでもいつでも着用していられる。
  5. 水に濡れにくい
  6. カッコいいシルエット

今のところPatagonia Gi IIIが最高だと思っていて、1・2・3・4・5をクリアしています。

Arc’teryx レフロイ Shortのほうは、1・2・4・5・6、ちょっとお腹あたり(自分がお腹出ているので・・・)に違和感があるので動きは全く邪魔しませんが「3」は対象外で、やはりGi IIIかなぁ。

ショートパンツを買うまえに気をつけたいこと

水陸両用パンツ(メッシュライナーがるので下着着用不可)

普段着としてはライナーが内側に縫い付けてあるので下着を着用できずに、普段とはちょっと違和感があるのであまり水に入らない場合は使いづらそうなパンツです。

クライミングパンツは生地が厚め

グラミチ系のクライミングパンツはちょっとゴワゴワしているので着用しにくいのかもしれません。ただ、普段ジーンズに慣れている方は全く違和感は感じないと思います。

オススメ 短パン 9選 比較

最後にオススメのショートパンツを並べて見ましたので比較してみてください。

画像 パタゴニア GI VI ショーツ 1 Arc'teryx パリセード Short 2 Arc'teryx レフロイ Short 3 ザ ノースフェイス マッドショーツ 4 パタゴニア メンズ バギーズ ショーツ 5 ザ ノースフェイス バーサタイルショーツ 6 グラミチ G-SHORTS クライミングショーツ 7 ノースフェイス ウォーターライトショーツ 8 グラミチ ST-SHORTS クライミングショーツ 9
商品名 パタゴニア GI VI ショーツ Arc’teryx パリセード Short Arc’teryx レフロイ Short ザ ノースフェイス マッドショーツ パタゴニア メンズ バギーズ ショーツ ザ ノースフェイス バーサタイルショーツ グラミチ G-SHORTS クライミングショーツ ノースフェイス ウォーターライトショーツ グラミチ ST-SHORTS クライミングショーツ
特徴 ストレッチ織りであらゆる動きを邪魔しない スタイリッシュでスリムな伸縮性のあるTerraTexナイロン素材のショートパンツ 空気透過性のあるスリムなテクニカルショーツ 水陸両用ショートパンツ パタゴニア定番の水陸両用パンツ ナイロン素材のシンプルなショートパンツ GRAMICCIの原点クライミングパンツはアウトドアカジュアルの定番 多少の水濡れOKで水辺のアクティビティに適したパンツ その名のとおりスタンダードな少し細めのシルエットのクライミングパンツ
ブランド Patagonia Arc’teryx Arc’teryx THE NORTH FACE Patagonia THE NORTH FACE GRAMICCI THE NORTH FACE GRAMICCI
価格 10,800円 15,120円 11,880円 7,776円(税込) 7,020円 5,940円(税込) 7,344円 8,424円
シルエット スリムフィット トリムフィット スリムフィット ゆったりシルエット 中間(ゆったりと細身の間)
素材 オーガニックコットン78%/T400・ポリエステル22% ツイル TerraTex™94% ナイロン、6% スパンデックス混 Aequora AirPerm™86% ナイロン、 14% ポリウレタン 表地:Super DWR Nylon Cloth(ナイロン100%)、裏地:PP Mesh(ポリプロピレン100%) リサイクル・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工 NORTHTECH Cloth DRYFACE(ナイロン100%) コットン100% Peach Polyester(ポリエステル100%) コットン98%、ポリウレタン2%
重量 337g 225g 207g 245g 221~227g
このページ
詳細リンク
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

涼しくて履き心地がよく動きを邪魔しない オススメのハーフパンツがありましたらぜひ教えてください!

スポンサーリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク