スポンサーリンク

Mountain Hardwear(マウンテンハードウェア) Monkey Man Grid Zipper レビュー

スポンサーリンク

所有している服が数少ないのですが、フリースの中からマウンテンハードウェアのモンキーマングリッドジッパーを紹介します。

これはフリースの部分が5mm角くらいの小さな凸凹の四角になっているのが特徴のジャケット。見た感じがなかなか暖かそうで汗抜けも良さそうなので買ってみました。

MH Monkey Man Grid Zipper スペック

Men's Monkey Man Grid™ Jacket 前
Men’s Monkey Man Grid™ Jacket

  • 重さ:397g
  • 着丈:71cm
  • 素材:Polartec® High Loft Grid Monkey Phur™
    59% recycled polyester, 41% polyester
    Panel Stretch Fleece
    93% polyester, 7% elastane
  • 色:Shark
  • サイズ:L

Men's Monkey Man Grid™ Jacket 後ろ
見た目、質感は良いのですが縫製が完璧でない?というか細部で雑な部分がある場合がありそうです。
Men's Monkey Man Grid™ Jacket フード前

モンキーマングリッド フードがある・無いの違い


Mountain Hardwear Hoodless Monkey Man Grid Jacket – Men’sマウンテンハードウェア

こちらにある商品と今所有しているものとはフードがあるかないかの違いのようです。フードがあるのは「Zipper」がついて、フードがないのはつかない。

  • フードあり:Monkey Man Grid Zipper Jacket
  • フードなし:Monkey Man Grid Jacket

となるようです。(先シーズン)

今シーズンのは

  • フードあり:Monkey Man Grid Jacket
  • フードなし:Hoodless Monkey Man Grid Jacket

に変わっているようです・・・ちょっと不確かです。

ただ、フードあるタイプは日本であまり?売られていないようです(^_^;)

モンキーマングリッドの見た目・質感

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket 前

表から見た見た目はなかなか良い感じです。グリッドになっているところが今までに無いようなフリースなので新鮮な見た目です。

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket 下のほう

色はシャークで、グレー?というか黒というかネイビーっぽくも見えるし?微妙な色合いで光の当たり加減によって大分見た色が違って見えるようです。ウェブサイトにあるように黒っぽくは無い。
Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket 前2

胸ポケットと腕の下、サイドの部分はグリッドじゃない部分があります。

チャックを上まで上げると顎に当たって邪魔な場合があります。ファスナーの裏地の部分が上まで伸びてチンガードになっているのでチャックの金具の部分は顎にはあたらない。

フードの部分は伸びるのでチャックを全部閉めた状態でもかぶることができる。

モンキーマングリッド グリッドによる換気性能

換気は体感はできていないのですが多分良いと思います。

裏からグリッドの部分を見ると各グリッドの縁が透けて見える部分があるのでグリッドの縁は相当薄くなっています。ただ、グリッド部分の毛が長いのでその部分で保温効果はあるようです。

想像としてはグリッドの縁の部分で汗を含んだ湿った空気を逃してグリッドの毛の部分で暖かい空気を逃さない役割をするのでしょうか?その辺の部分はPatagoniaのR2などと比べても体感できませんでした。R2よりちょっと風を通しやすく寒いかな?という感じはします。

多分、他のフリースとくらべて汗抜けは良いんだと思います。

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket 前3

前面の裏はメッシュの裏地があって少し保温効果があるようです。

背面はメッシュ裏地なし。グリッドのフリース地のみ。

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket 前ズーム

モンキーマングリッドの機能

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket ハンドウォーマー

腕の部分に穴が空いている・・・このジャケットを着て人と会うとこの穴の部分をジーっと見られる・・・この穴はなんだろう?と思ってるんじゃないだろうか?

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket ハンドウォーマー穴

穴から肌が見えると破れてると勘違いされるみたい(^_^;)Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket ハンドウォーマー手の甲

使い方としては、親指を穴に入れてフィンガーレスグローブのようになる。Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket ハンドウォーマー手のひら

ちょっと暖かい?くもないしほとんど使わない機能なのでいらなかったかも。それとこの機能があるので腕が通常より長いのもちょっといただけない。Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket ドローコード

裾のドローコードは両サイドついている。

数回洗濯しただけで裏側に毛玉ができて・・・裏は見た目も悪い。気にしなければいいいだけだけど。

月一くらいで毛玉取りで取るしかなさそう。メンテナンスフリーが良かったけど仕方ない。Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket チャック裏地

ファスナーの裏地も毛玉ができるし、幅が広くて裏地の布が見た目が良くない。

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket フード表

フードの部分はグリッドではなくマウンテンハードウェアのアイコンが刺繍してある。Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket フード裏フード裏のアイコンの部分は刺繍裏の白い部分が目立つ。フードカブってないときは後ろからみるとこれが見えちゃう。

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket ポケットメッシュ

ハンドウォーマーポケットは手のひらのほうがメッシュになって、Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket ポケット裏

手の甲の部分はグリッドの裏の部分で暖かい。

モンキーマングリッド まとめ

アークテリクス、パタゴニアと比べて完成度は高いとは言えない。

特に裏側の毛玉やフード部分のアイコン裏など裏側にアラが見える。また縫製も良くない部分があってホツレてきている部分もある。

Mountain Hardwear Monkey Man Grid Zipper Jacket 後ろ帽子

グリッドの縫い目の境が数回の洗濯で一部破れたので自分で縫った(TOT)

グリッドなのでグリッド縁の薄い部分はすぐ切れそうな感じがして耐久性が無いのかもしれない。

ただ、表側から見た質感・見た目はすごく良いのでしばらく使ってみたい。