スポンサーリンク

シンプルライフ 旅行時のタオル・洗面用具と温泉セット考察

スポンサーリンク

海外旅行の時は本当はスーツケース持って行きたくないけどやはり長期滞在とかになるとどうしても必要なので仕方なく持って行ってます。

スーツケースや重い荷物があるとどうしても邪魔で、サッと観光には行けず一回ホテルに荷物を置いて・・・

とかしてから出かけなきゃならない・・・(TOT)

まぁ、ツアーは行かないのでいいんですが荷物は少ないに越したことないです。 なので荷物は軽くコンパクトにして行きたいという思いから試行錯誤しながら今の洗面セットに至ってます。

旅行時の洗面セットはついでに普段の生活でもシャワー浴びるときとか温泉セットでも兼用して使用しています。

結論!スイムタオルと速乾タオルがあればバスタオルはいらない

長期滞在時に一番邪魔なものはバスタオルです! ホテルでの滞在ではバスタオルやフェイスタオルを提供してくれますが、友人宅や民宿などに泊まった場合はバスタオルは持参しなきゃいけない場合があります。

そんなときにバスタオルを持っていくのはちょっとかさばるし濡れると乾くの遅いし、と困ることが多々あるんです・・・

フェイスタオルなどの小さいタオルも同じです。 なのでこれをすべて解決してくれるありがたい品があったんです! それは、

スイムタオル

スイミングをする人ならたいていは知っているタオルです。

僕も子供のころ杉並区のとびうおスイミングクラブに5,6年通ってましたがこんなタオルは知りませんでした(^_^;)覚えてないだけかも・・・

これは旅行時には必須のアイテムと言えるんじゃないでしょうか?

使い方は簡単。シャワーを浴びたらスイムタオルを濡らして絞ります。

スイムタオルは濡れると柔らかくなるので絞ったら体を拭いて最後にまた絞って乾かします。 スイムタオルを軽くなでるように肌につけると水分がほぼ吸い取られて吸収されるので驚くほどにシャワーで濡れた体から水分がなくなっていきます。

ただ、サイズが34×44cmなど小さいので背中などはよく拭けないかもしれません。

ミズノの44×68cmが一番大きいサイズだと思いますがこれだと両手でつかめるので背中を拭けます。 スイムタオルは普通のタオルとは違って乾くとガチガチになります。

完全に乾かすと破れてしまう場合があるのですが、湿った状態でジップロックなどに入れておくとバイキンが繁殖して臭くなるので折りたたんだ状態で乾かして、使うときまでなるべく触らないようにしています。

僕はこれを知って家でもスイムタオルを使っていますのでバスタオルは全部捨てました(^_^;) 人によっては使ってみて不快な感じがして合わない場合があるかもしれません。

速乾タオル(ドライタオル)

速乾タオルとかドライタオルとか言われるものも使います。マイクロファイバー製でよく雑巾?に使う素材みたいで100円ショップでも雑巾として売られてる製品もあります。

速乾タオルはどれもマイクロファイバー製雑巾とはちがいちょっと薄手のような生地がまた違うようです。

シャワー後スイムタオルで拭いたら速乾タオルは本当は必要無いのですが背中など部分部分まだ水分を吸い取れていない部分があるので速乾タオルを使います。

温泉に行ったときは入浴後、水分だけじゃなく汗もでるのでその時に速乾タオルは必要ですね。 バスタオルの代わりに幅130cmくらいの大きい速乾タオル使ってます。

MSR Packtowl Personal Blue X-Largeを3年くらい使ってます。 色々使ったけどMSRのが一番気に入ってます。

MSR PackTowl(パックタオル)パーソナル Lsize New (ケルプ(ミドリ)) 小さいフェイスタオルや汗ふきタオルは、

速乾タオル

これは、REIの速乾タオルですが、SWANSのタオルやモンベルなど数枚買ってどれが良いか試しています。

今のところモンベルのクイックドライタオルが質感・吸収力も一番良さそうです。

速乾タオルは拭き心地がよくないのであまり好きではないです。

普通の綿のタオルが一番なのですが、温泉や旅行などほとんどの場合は速乾タオルで普段の生活で朝顔を洗うときだけは綿のタオルを使ってます。

洗面セット

洗面セットは特に特徴は無いのですが、ミューファン(銀の糸)シャワーポーチ(今は売切れ?て無いようです)のメッシュ巾着がカビなくてなかなか良いです。

温泉や旅行に行ったあと家に帰ってきたらシャワーポーチごと風呂場に吊るしておけば乾きますのでメンテナンスフリーで便利です。 持っていく物

  • ナイロンタオル
  • 髭剃りとジェル状シェーブローション
  • 歯ブラシ・歯磨き粉
  • シャンプーとボディーソープ・洗顔 普段使っている物を小分けチューブに入れておきます。

温泉に行くときはシャンプーとボディーソープはある場合がほとんどなので一応持って行ってます。公共温泉などはない場合があります。

洗面・風呂セットの総重量

GRANITEGEAR(グラナイトギア) エアジップサックXS 2210900125 レモンライム

に入れて持っていきます。

グラナイトギア 風呂セット

温泉セット 総重量

結局、温泉セットの総重量は554gになりました。思っていたより重いです。 旅行の時はこれをキャリーバッグに放り投げておきます。

温泉バッグ

最後に風呂セットや着替えをGoliteの温泉バッグに入れて温泉に行きます。

温泉に行くときはビールやつまみ持参しますがそれはまた別のバッグに入れますので大荷物になります・・・

Golite 温泉バッグ