スポンサーリンク

海外旅行で必須の3アイテムと洗濯物はどうする?

スポンサーリンク

海外旅行では旅行かばんや着替えの服ももちろん必要ですが、その他にもパソコンやスマホなどのデバイスを持って行ったり最低限必要なものはあると思います。 その他にも以下の3つは必要になってくるものです。

  • 全世界対応の電源タップ
  • スーツケースを計るためのハカリ
  • TSAロック TSAじゃなくてもいいかも

この3つはあればほぼ使う機会があると思います。 旅行3点セット

ゴーコンタップ165g + TSAロック38g + ハカリ94g = 297g

海外に行くと日本のコンセントはそのまま刺せない場合が多いのでこれを使います。

中国では日本と同じ差込口の場合がありますが200Vになっている場合があるので気をつけましょう。

スマホ充電やパソコンの電源の場合はアダプターを介して電気を送るのでアダプターはたいてい100V~200V対応なのであまり心配する必要なくこのゴーコンタップを使えば問題なく充電できます。

アメリカに行く場合いがいはTSAロックでなく普通の南京錠でも構わないかもしれませんが、ホテルに荷物を置くときに最低限のセキュリテイとしてバッグなどに鍵をかけておく時に使います。

ハカリは飛行機に乗るときに預ける荷物には15Kgなどと制限があるのでお土産などを買いすぎてオーバーしないように予めハカリではかりながら荷物の重さを調整するときに使います。

これはヤフオクなどで200円~500円程度で売ってるもので十分です。 このコンセントもう少し軽くならないかなぁと思っていますが・・・あまり華奢にすると200Vの地域が多いので電気が体までビリビリなりそうなので仕方ないですね・・・

洗濯物はどうするか?

中国で長期滞在の時は荷物を少なくするためにホテルには洗濯サービスなどはほとんどないため、どうしても自分で洗濯する機会がでてきます。

安いホテルには洗濯サービスなどはほとんどないため、洗濯はシャワーを浴びた時などに一緒に洗濯しちゃいます。

ただ、僕は1回しか洗濯したことがないので(友人宅などで洗濯してもらってるので、)・・・まだ自分で洗濯することのコツは掴んでいないかもしれません。

15日間滞在ではホテル数泊で友人宅数泊なので洗濯する機会は少ないのですがいつも最低限の洗濯セットを一応持って行っていっています。

洗濯物は洗う道具と干す道具が必要になってきます。

  • 洗う道具 : 洗濯板
  • 干す道具 : 洗濯ヒモ・洗濯バサミ

これをなるべくコンパクトに軽いものを選んで持っていきます。

ほとんど持っていたものを使いまわして持って行っています。

キャンプなどでタープとかテントで使う細引きと、ヒモの結び方を知らなくても簡単にヒモのテンションをかけられる便利なツールも同梱します。

洗濯クリップを持って行っても良いのですが、S字フックのほうがコンパクトなので、洗濯物を干すときはS字フックで洗濯ヒモに服を引っかけた時に使います。

洗濯ヒモとクリップを小さい袋に入れて全部で88g

洗濯板

こんな小さい洗濯板があったので持って行っています。

洗濯ヒモと洗濯クリップで88g + 洗濯板65g = 153g 1回しか洗濯したことがないので果たして実用的かどうかは判断しずらいところです。

これから洗濯する機会があればこのセットで良いのか検討してみます。

洗面セット

最後に上記にあげた道具全部をパックしたら500g弱になりました。 けっこうな重さです。