スポンサーリンク

ダウンヒルしてブレーキ付きスケートボードが普及しない理由が分かった

スポンサーリンク

ブレーキ付きスケートボード brakeboardを装着して裏山ダウンヒル行ってきました。

スピードをコントロールできて安全にダウンヒルできたのですが・・・なんかつまらなくなっちゃいました。

brakeboardでダウンヒルした感想

怖いのでブレーキかけっぱなしで低速でダウンヒルして、ずっと立ったままで降りられました。ずっと同じダウンヒルの姿勢で後ろ足をブレーキパッドを押したままの状態なので同じ姿勢で疲れる。

裏山を降りたらトラックのブレーキの部分が熱くなっていてブレーキパッドの金属の擦れたような匂いがする。

だんだんとブレーキ使わないでダウンヒルできるようになれば、少しはスライドでブレーキできるようになるのか?

しかし恐怖感も爽快感も薄れてちょっとつまらないし、ダウンヒル中は運動にならない。

IMG_20160115_160853

普通は後ろ足でブレーキを踏むことを前提とされているようです。

ダウンヒルの姿勢で、後ろ足・右足(自分は左利きなので左足)のかかとをブレーキペダルにかけて踏むとブレーキの効きを調整できて緩やかにスピードをコントロールできる。

前にブレーキをおいて前側の足で踏むと微調整ができずにグッと踏み込んでしまって前に吹っ飛ぶ感じになるけど、ブレーキの効きはすごい。

後ろ足では慣れてないのか?あまりふん張れずにブレーキをおもいっきり踏めないので完全に止まりたいときに止まれない場合があった。

ブレーキ付きスケートボードのデメリット

  • 重い!ブレーキ部分のトラックが重くてトリックできなくなる
  • テールに足をおきづらくなるのでマニュアル(ウィリー)もやりにくい
  • 別の乗り物になる・・・爽快感・恐怖感・スピード感・危険性が失われるのでつまらない。
  • 平地でダンシングできなくなる

ブレーキつけるとデメリットが多すぎて普及しないんですね。

brakeboardは立ちスライドできる人は必要ないと思います。

というかほとんどの人が必要ないと思う。コレ使っちゃうとロングスケートボードの楽しみがかなり無くなってしまう。

IMG_20160115_162446

ブレーキ踏みながらだとダウンヒルに集中しなくても良いくらいのスピードに調整できてカメラ撮影もできちゃう。(ピンぼけだけど・・・)

でも、僕はブレーキが無いとダウンヒルできないのでスライドブレーキで普通にダウンヒルできるようになるまでbrakeboard使います。(スライドブレーキできるようになるかな?)

やっぱりLoadedダービッシュサマでダンシングできなくなると困るのでダービッシュサマはダンシング用にトラックをパリスに戻します。

1個のロングボードだとダンシングとダウンヒル両方できなくなってしまったので、ダウンヒル用のボード導入します。

brakeboard関連で連絡取り合った方から送料込み7000円!でダウンヒル用のアウトレット品ロングボード(トラック・ウィール無し)買いました。

到着たのしみ♪

ダウンヒル2日目

ブレーキ外してスピード出してスラロームできるようになった。

コントロールできる限界までスピードだして、無理な速度になったらブレーキ使うようにすれば上達しそう。