高耐久・軽量・最高にカッコいい!アークテリクスのダウン徹底調査12モデル

スポンサーリンク




2018年冬~2019年春まで着用する憧れのアークテリクスのダウンを買うべく徹底調査してみました。

アークテリクスのダウンは高耐久(長持ち)デザインもカッコいい(スリムに見える)、そして750~850フィルパワーのダウンを封入しているので暖かい♪のが特徴。雪山でも街着でもどちらでも着用できるようにシンプルでスタイリッシュなダウンジャケットが多いので年中重宝する一着になります。

そしてダウンジャケットにありがちなデメリットであるタウンユース(街着)専用でモコモコせず野暮ったくなく、テカテカもしていないダウンパーカをアークテリクスはいくつか出していますので、そちらもみていきましょう。

アークテリクスは寒い国【カナダ】のアウトドアブランドなので冬季のウェアが得意!そして日本のオシャレウェアの草分け的存在のビームスともコラボしているくらいスタイリッシュなウェアやバックパックも出していることで有名なんです。

運動時にかいた汗を汗冷えしないように素早く外にだしてくれたり、熱すぎず寒すぎず丁度よい温度に保ってくれたりと高機能のはアウトドアウェアなので当然ですが、さらに街で着用してもスタイリッシュでオシャレというのがアークテリクスの特徴。

そんなオシャレで高機能なアークテリクスのダウンをみていきましょう。

そもそもダウンってなに?

ここでダウンを選ぶ予備知識としてダウンジャケットの【ダウン】とはいったい何かを簡単にご説明します。

フェザーとダウン

ダウンとはダック(あひる)かグース(がちょう)の芯がない羽の部分(ダウンボール)をダウンと呼んでいて、羽が含まれる部分をフェザー(スモールフェザー・ラージフェザーあり)と呼ばれています。

ダウンジャケットにもフェザーが多少は含まれていまして、安いダウンジャケットほど多くのフェザーが含まれていると言われています。

ダック(あひる)のダウンは安く、アウトドアブランドやハイブランドではダウンといえばほとんどがグース(がちょう)のダウンを使用しています。何故かと言うとグースダウンのほうがダックダウンよりも軽い重量でより暖かくできるので、普通はダウンといえばグースダウンになります。

フィルパワーで暖かさの目安がわかる

衣類のダウンの暖かさはフィルパワー(FP)と呼ばれる羽毛がどのくらい膨らむかを表す単位で、大きいフィルパワーを封入しているダウンウェアほどより軽く暖かいダウンウェアといえます。一般的なブランドはほとんどが600フィルパワー以上のダウンウェアが多く、最近では1000フィルパワーのダウンウェアも登場して超軽量でさらに暖かいのでモコモコしたダウンジャケットの見た目もだいぶ払拭されてきています。

アークテリクスは750FP・850FPのヨーロピアングースダウンを封入したダウンウェアが多めでかなり良いダウンを使っているので軽いのに暖かい。

ダウンの弱点 【濡れに弱い】はコアロフトで補う

ダウンは濡れや湿気に弱く、濡れてしまうと羽毛の毛が縮んでしまって暖かい空気が逃げてしまうので保温性が下がります。

そこで最近ではダウンに撥水加工をほどこしたダウンジャケットが登場してきています。

アークテリクスの場合は濡れやすい部分をアークテリクス独自のコアロフト(Coreloft™)という化繊インサレーションにして、天然のダウンと合成のコアロフトをうまく組み合わせてダウンの弱点を克服しています。

ダウンジャケットはモコモコしていて野暮ったい?

ダウンのモコモコはキルト構造で空気層を作ってその中にダウンを封入しているのでモコモコな見た目になります。なんだか太ったクマさんのようになってしまうのはそのせい・・・

ただ最近は高いフィルパワーの製品が出てきているのでモコモコの量が少なくてもスマートで暖かいダウンジャケットもでてきています。

アークテリクスのダウンは洗濯できるよ

ダウンジャケットといえばクリーニングに出さないといけないと思っている方が多いようですが、アウトドアブランドが出しているダウンはほとんどが洗濯機で洗濯できます♪

洗濯方法はブランドによって違いますが、たいていは以下のようにすればOK↓

  • 温水で洗濯機 手洗いコースで洗う
  • 乾燥機を使う場合はきれいなテニスボール数個を入れて低温乾燥。
  • 自然乾燥の場合は両手でたたきながら偏ったダウンをまんべんなく広げる

という工程で洗濯できます。

注意事項はアウトドアウェアはほとんどのウェアが柔軟剤不可です。柔軟剤を入れて洗濯してしまうと柔軟剤の成分が繊維に入り込んで目詰まりして、透湿などの機能がなくなってしまいますのでご注意ください。

アウトドアブランドでは無いのですがハイブランドのダウンジャケットの場合は表地が革だったりボアがついていたりするので洗濯不可な場合もあります。

How To Wash Your Down Garment

これでクリーニングに出さずともダウンが着れて節約的ですね。

ARC’TERYX ダウンのタイプ・シリーズ・モデル

続いてアークテリクスのダウンは使用するシーンによって暖かさのレベル(ダウン量)をいくつかのシリーズに分けています。超軽量は軽い代わりにダウン量少なめ、厳しい寒さで使うダウンはダウン量は多いのですが800g~1Kgほどと重めになっています。これはどのアウトドアブランドのダウンでも同じでシーンによって選んでいきましょう。

タイプ

アークのダウンはフードが無いジャケットタイプ・フード付きのフーディ・ベストの3つのタイプがあってベストは使用用途が少ないためか1アイテムしかなく少なめ。

  • ジャケット:セリウムSL・セリウムLT 2アイテム
  • フーディ:セリウム・ソリウム・セレスなど8アイテム
  • ベスト:セリウムSL(女性は街着用ベストもあり)

ダウンといえばやはりフード付きのダウンフーディが一番実用的で多用途で使えると言えるでしょう。特に雪が降っているときや強風時には頭の保温が必要になってきますのでフードが活躍します。

シリーズ

アークテリクスのダウンシリーズは大きく分けて5タイプあります。それぞれ使い方が違ってきているので、主に何に使うのかを考えながら選ぶことができます。全種類タウンユースとしても使えますが、特に寒くない地方だとセレスSVやファイヤービーなどの分厚いダウンを選ぶとちょっと熱くなりすぎてオーバースペック、さらに都市で着用するにはモコモコしているので野暮ったくスマートではなくなってしまいます。

関東から下あたりの都市でしたらやはりセリウムやソリウムあたりが軽くて山でも持っていけるし普段着でもスタイリッシュなので重宝しますね。

  • セリウム:ミニマルデザインの軽量テクニカル
  • ソリウム:丈夫さと暖かさの多用途
  • ファイヤービー:耐候性能に優れた多用途
  • セレス:厳しいコンディションに長期間耐えるエクスペディション
  • タウンユース(街着):オシャレ着用に男女2タイプのダウンフーディあり

セリウムとソリウムは都市ではアウターとして使って、アクティビティではミッドレイヤー(中間着)や休憩時に羽織ったりするのにも使えます。

ファイヤービーは北海道などの厳冬地や雪山登山など、セレスはエクスペディション用(厳冬期の長期探検や長期雪山登山など)に使う用途です。

特にアクティビティで使わない場合は、上記のシリーズ以外のアークテリクスが出しているタウンユース専用のダウンのほうがオシャレでカッコいい。タウンユースのダウンも後ほど紹介していきます。

モデル

モデルはダウンに限らずどのウェアでも共通した4つのモデル展開になっていましてそれぞれのアクティビティに適したモデルを選ぶと良いでしょう。

  • SL:スーパーライト Super Light(超軽量)
  • LT:ライトウェイト Light(軽量)
  • AR:オールラウンド All Round(多用途)
  • SV:悪天候(厳しいコンディションに長期間耐えうる)

街着メインでしたらSV以外のSL・LT・ARの3つのモデルの中から選ぶとよさそう。

レイヤリングという考え方

アウトドアウェアはレイアリングシステムという考え方があります。トップ(上半身)の基本はベースレイヤー・ミッドレイヤー・アウターの3枚着用で天候や熱くなったり寒くなったりしたときに脱ぎ着して調整すると快適に過ごせます。

  • ベースレイヤー(汗を素早く外に出し、冬用は保温効果もあり)
  • ミッドレイヤー(ダウン・フリース・中綿など主に保温とドライに保つウェア)
  • アウターレイヤー(防水・透湿・高耐久のシェルと言われるウェア)

ダウンの場合はミッドレイヤーかアウターとしてシーンによって使い分けると良いでしょう。

ちなみにセリウムLTフーディのレイヤリングはミッドレイヤーかアウターとしての位置づけになっています。↓ アクティビティではミッドレイヤーで着て、街着ではアウターで着用といった具合でしょう。

では、アークテリクスのダウン12モデルをみていきましょう。

メインの6モデル

メインのダウン6つのモデルから、順序は重く暖かい順でセリウム SL フーディが最軽量になります。暖かいとダウンがたくさん入っているので当然モコモコして太った感じになりますが、それでもアークテリクスは見た目があまりモコモコにならないように工夫されていて、モコモコでもスタイリッシュに見えるようなデザインになっています。。

セリウムSL・セリウムLTだけはフードが無いジャケットタイプがあります。その他のモデルはフードがあるパーカ・フーディになります。男女ともに同じモデルがあるので今回はメンズのパーカとフーディをみていきましょう。

アークテリクス セレス SV パーカ

アークテリクス セレス SV パーカ
ARC’TERYXCeres SV parka
113,400円(税込)
素材 N40p GORE® WINDSTOPPER®・Arato™ 30 – 100% ナイロン
インサレーション ーロピアン グレイグース ダウン インシュレーション含有 (240 g-M)
フィルパワー 850FP
重量 880g
特長 耐候性・防風・透湿性・優れた軽暖値・圧縮できて荷造りしやすい
Color Black

極寒の地でダウンの暖かさの本領発揮!

表地に防風素材のGOREウインドストッパー採用+850フィルパワーダウンを封入した極寒仕様のダウンパーカ。湿気がこもるところには Coreloft(コアロフト)合成繊維インシュレーションを配置してあります。
アークテリクスのダウンパーカで一番暖かいのですが、暖かすぎるのでタウンユースではオーバースペック過ぎて熱くなる場合が多々ありそう。ビルの中に入ったら暑いでしょう。

寒冷地の東北・北海道ではかなり暖かい実力を発揮します。

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

アークテリクス ファイヤービー AR パーカ

アークテリクス ファイヤービー AR パーカ
ARC’TERYXFirebee AR parka
145,800円(税込)
素材 N30r テープ加工 ゴア® サーミアム™・Arato ™ 7 – 100% ナイロン
インサレーション ーロピアン グレイグース ダウン インシュレーション含有 (25 g-M)
フィルパワー 850FP
重量 680g
特長 防風・透湿性・優れた軽暖値・圧縮できて荷造りしやすい・Ceres SV パーカの半分の容量で収納可能・防水
Color Triton,Red Beach

表地に防風耐水性のGORE Thermium採用のオールラウンドダウンパーカ

雪山登山などの雪のある場所で対応可能なオールラウンドのダウンパーカ
ファイヤービー AR パーカはアークテリクスのダウンフーディーの中で2番目に暖かい。

アルパインのアウターとして長く使えます。アークテリクスのパーカは手触りが他のジャケットにないほど柔らかくしなやかなので持った感じも軽く感じてしまいます。こちらも680gありますが手に取るとそれほど重いとは感じないでしょう。

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

ARC’TERYX セリウム SV フーディ

ARC'TERYX セリウム SV フーディ
ARC’TERYXCerium SV Hoody
70,200円(税込)
素材 100%ポリエステル・Arato™ 7,10 100% ナイロン
インサレーション ヨーロッパ製グースダウン・Coreloft™ 80g/m²,140 g/m²
フィルパワー 850FP
重量 415g
特長 湿気が発生する場所に Coreloft™ 合成インシュレーションを配置・ダウン コンター™ バッフルは弾性を向上・耐湿性の表綿素材・透湿性・インシュレーティッド・優れた軽暖値・軽量・圧縮できて荷造りしやすい・防風性
Color Black,Lichen,Pilot

悪天候・極寒の地でも活躍するセリウムダウンフーディ

極寒地のミッドレイヤーとしてタウンユースではアウターとしてセリウムシリーズで最も暖かいダウンフーディ
濡れやすい部分にはコアロフト合成インサレーションの採用でロフトが縮まず保温性能が落ちにくい。

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

ARC’TERYX ソリウム AR フーディ

ARC'TERYX ソリウム AR フーディ
ARC’TERYXThorium AR Hoody
36,720円(税込)
素材 100%ポリエステル・Arato™ 30 100%ナイロン
インサレーション ヨーロピアン グレイグース ダウン (130 g-M)・Coreloft™ 80g/m²,140 g/m²
フィルパワー 750FP
重量 490g
特長 湿気が発生する場所に Coreloft™ 合成インシュレーションを配置・耐湿性の表綿素材・透湿性・インシュレーティッド・軽量・圧縮できて荷造りしやすい・防風性
Color Black,Pilot,Red Bearch,Everglade,Hecate Blue

丈夫さと暖かさのソリウム ダウンフーディ

厳冬期でのミッドレイヤー・タウンユースとしてはアウターとして気軽に使えるダウンジャケット。
アークテリクスでは下から3番目に暖かいダウンジャケットだが重量があって750フィルパワーなので雪山軽量トレッキングには向かない。

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

ARC’TERYX セリウム LT フーディ

ARC'TERYX セリウム LT フーディ
ARC’TERYXCerium LT hoody
46,440円(税込)
素材 100%ポリエステル・Arato™ 10 100% ナイロン
インサレーション ヨーロピアン ホワイトグース ダウン・Coreloft™ 80 g/m²,100 g/m²
フィルパワー 850FP
重量 305g
特長 耐湿性の表綿素材・湿気が発生する場所に Coreloft™ 合成インシュレーションを配置・透湿性・軽量・圧縮できて荷造りしやすい・防風性
Color Black,Nocturne,Caribou,Neptune,Canyon,Flare

ミッドレイヤーとしてアウターとしても軽量で暖かい850フィルパワー

厳冬期はミッドレイヤーとして春秋やタウンユースではアウターとしてもマルチに活躍する。アークテリクスのダウンジャケットのうち下から2番めに暖かいジャケットで軽量が特長。
お手入れは洗濯機で洗濯ネットに入れて温水(30度)手洗いコースで洗濯を推奨しています。

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

セリウムLTフーディが一番使いやすそうな重さでミッドレイヤーとして使えるし街中ではアウターとしても使える。冬場は毎日使えて重宝しそうです。

ARC’TERYX セリウム SL フーディ

ARC'TERYX セリウム SL フーディ
ARC’TERYXCerium SL Hoody
47,520円(税込)
素材 100%ポリエステル・Arato™ 7 – 100% ナイロン
インサレーション ヨーロッパ製グースダウン・Coreloft™ 100 g/m²
フィルパワー 850FP
重量 215g
特長 撥水DWR処理を施した、超軽量のアラト™ 7 表面素材・湿気が発生する場所に Coreloft™ 合成インシュレーションを配置・耐湿性の表綿素材・透湿性・優れた軽暖値・圧縮できて荷造りしやすい・防風性・超軽量
Color Black,Pilot,Lichen,Triton

アークテリクス最軽量のセリウムSuper Lightフーディ

215gのウルトラライトダウンで850フィルパワーのダウンを封入した温かく超軽量ダウンフーディ
秋冬の普段着シェルジャケットとしてミッドレイヤーとして多用途に使える。

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

自分は今季セリウムSLフーディを購入しました。福岡住みなので零下になることは年に10日あるかないかくらいで日中はだいたい5度以上になるのでそれほど暖かいダウンジャケットは必要ない、ということで一番軽く薄いセリウムSLにしてみました。

ダウンベスト2モデル

アークテリクスのダウンは実質1モデルのセリウムLTベストだけになります。春・秋に体の芯の保温性を高めたいときに着用すると常に熱くもなく寒くもない適温で過ごせます。

冬にはあまり活躍することがありませんが、部屋の中で少し寒い時やミッドレイヤーとしても便利。自分はデスクワークでいつもベストを着用しているので普段着として欠かせないアイテムになっています。

アークテリクス セリウム LT ベスト

アークテリクス セリウム LT ベスト
ARC’TERYXCerium LT vest
30,240円(税込)
素材 Arato™ 10 100% ナイロン
インサレーション ヨーロピアン ホワイトグース ダウン・Coreloft™ 80 g/m²,100 g/m²
フィルパワー 850FP
重量 185g
特長 耐湿性の表綿素材・透湿性・インシュレーティッド・優れた軽暖値・圧縮できて荷造りしやすい・耐久性
Color Black,Nocturne,Caribou

軽量・バッカブルな多用途ダウンベスト

185gでバッカブルと、どこへでも持っていける軽量なダウンなのにボディの暖かさを確保できるスグレモノ。
湿気が溜まりやすい部分にはコアロフト合成インサレーション封入。

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

暑がりな方や冬でも長袖シャツだけの方(あんまりいない?)はダウンベストはかなり使えます。家にいる時にシャツだけだと少し寒いのでダウンベストを羽織ると丁度よい。

こちらは女性専用のダウンフーディ↓【ナリン ベスト】フードがついていてウェストの部分が締まっていてスマートな見た目になります。

アークテリクス ナリン ベスト

アークテリクス ナリン ベスト
ARC’TERYXNarin vest
25,920円(税込)
素材 Polartec® クラシック 100 マイクロべロアスモールグリッド—100% ポリエステル、152 g/m²・Bast™ – DWR 仕上げの 100% ナイロン タフタ
インサレーション フィル ヨーロッパ製グースダウン
フィルパワー 750FP
重量 290g
特長 優れた軽暖値・軽量・圧縮できて荷造りしやすい
Color Black,,Lunar Mist,Topi

気軽に羽織れる普段使いレディース用のフード付きダウンベスト

脇下のサイドにはポーラテックフリース素材を採用してスリムキュートなデザイン。

タウンユース(街着)ダウンパーカ

アークテリクスのタウンユースダウンはどれもゴアテックスの防水表地を使っているので雪が舞い散っている都市でも雨でも暖かく歩くことができます。そしてデザインもスタイリッシュなので何処に来ていっても恥ずかしくないスマートなデザインがうれしい。

まずはタウンユース用のレディースダウンパーカ2モデルを紹介します。

アークテリクス セントレイル パーカ

アークテリクス セントレイル パーカ
ARC’TERYXcentrale parka
97,200円(税込)
素材 2LテクノロジーとN90p ゴアテックス
インサレーション ヨーロピアングース ダウン(176g)・Coreloft™ 60 g/m²
フィルパワー 750FP
重量 910g
特長 タウンユース(街着)用ロングダウンパーカ・防水性・防風・透湿性・耐久性・高い断熱効果
Color Black,Kingfisher

レディースのタウンユース用の防水ダウンパーカ

タウンユース用なのでファッションにうるさい女性でも都会的にオシャレに着こなせる防水仕様のダウンパーカ
アークテリクスのダウンコートの中では一番暖かいタイプで裾は膝下までカバーしてくれるので暖かく過ごせます。

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

アークテリクス パテラ パーカ

アークテリクス パテラ パーカ
ARC’TERYXPatera parka
75,600円(税込)
素材 P75d GORE-TEX®・生地にDWR(耐久撥水)加工
インサレーション ヨーロッパ製グースダウン・Coreloft™ 100g/m²
フィルパワー 750FP
重量 985g
特長 都会の冬用のレディースダウンパーカ・防水性・インシュレーティッド・耐久性・防風性
Color Black,Black Sapphire,Crimson,Osmosis,Topi

エレガントな女性向けシティユースの防止ロングダウンパーカ

ゴアテックス防水の表地の中に750フィルパワーのダウンと一部コアロフトを封入した暖かいダウンパーカ

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

続いてメンズのサーミーパーカとかモーソンパーカを見ていきましょう。メンズはレディースと違って丈が長くはなく、ヒップが隠れるくらいの丈になっています。

アークテリクス サーミー パーカ

アークテリクス サーミー パーカ
ARC’TERYXTherme parka
89,640円(税込)
素材 P75d GORE-TEX® ファブリック
インサレーション ヨーロッパ製グースダウン
フィルパワー 750FP
重量 1100g
特長 防水性・防風・透湿性・インシュレーティッド・耐久性
Color Black,Pilot,Caribou,Nighthawk

防水・防風 GORE-TEX採用のタウンユース ダウンパーカ

ゴアテックス防水仕様なので雨の日でも都市でダウンパーカを着用可能。
ダウンなのにスリムなシルエットで都会で着用してもスタイリッシュ

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

アークテリクス カモーソン パーカ

アークテリクス カモーソン パーカ
ARC’TERYXCamosun parka
86,400円(税込)
素材 N150p-x GORE-TEX® 素材に 2L Paclite® 技術を採用
インサレーション ヨーロッパ製グースダウン・Coreloft™ 140g/m²,100g/m²
フィルパワー 750FP
重量 1000g
特長 防水性・透湿性・インシュレーティッド・耐久性
Color Black,Hecate Blue,Agra

洗練されたタウンユースのゴアテックス防水ダウンパーカ

モダンな都会な雰囲気のデザインで表地がゴアテックスでキルト構造が見えないため、ひと目ではダウンパーカとはわからない見た目。
コアロフトインインシュレーティッド フードは脱着可能

ARC'TERYX is a high performance outdoor equipment company known for leading innovations in climbing, skiing and alpine technologies

タウンユースでも?雪山登山で使えるかは重量があるので無理かどうかは定かではありませんが、カッコ良いデザインで1着欲しくなります。

アークテリクスのダウン まとめ

アークテリクスのダウン12モデルを調査してみました。

良い点

  • 軽くしなやかな手触り
  • 高耐久(長持ちするように耐久性を考慮した表地を採用していますので長く着用できます。)
  • 750・850フィルパワーの暖かいダウンを採用

悪い点

  • 少し値段が高い(輸入品のためダウンは関税が20%かかるので仕方がないですね。)
  • ダウンは濡れに弱い(アークテリクスは湿気になる部分に中綿のコアロフトを使用して弱点を補っています。)

アークテリクスのダウン6モデル

1のセリウムSLが一番軽く、セレスSVが一番暖かい。普通に選ぶとしたらセリウムSL・セリウムLT・ソリウムARあたりが無難な選択といえそうです。

セリウムSV・ファイヤービーAR・セレスSVは寒冷地での使用ですね。

画像 ARC'TERYX セリウム SL フーディ 1 ARC'TERYX セリウム LT フーディ 2 ARC'TERYX ソリウム AR フーディ 3 ARC'TERYX セリウム SV フーディ 4 アークテリクス ファイヤービー AR パーカ 5 アークテリクス セレス SV パーカ 6
商品名 ARC’TERYX セリウム SL フーディ ARC’TERYX セリウム LT フーディ ARC’TERYX ソリウム AR フーディ ARC’TERYX セリウム SV フーディ アークテリクス ファイヤービー AR パーカ アークテリクス セレス SV パーカ
特徴 アークテリクス最軽量のセリウムSuper ミッドレイヤーとしてアウターとしても軽量 丈夫さと暖かさのソリウム ダウンフーディ 悪天候・極寒の地でも活躍するセリウムダウ 表地に防風耐水性のGORE Thermi 極寒の地でダウンの暖かさの本領発揮!
ブランド ARC’TERYX ARC’TERYX ARC’TERYX ARC’TERYX ARC’TERYX ARC’TERYX
価格 47,520円(税込) 46,440円(税込) 36,720円(税込) 70,200円(税込) 145,800円(税込) 113,400円(税込)
素材 100%ポリエステル・Arato™ 7 – 100% ナイロン 100%ポリエステル・Arato™ 10 100% ナイロン 100%ポリエステル・Arato™ 30 100%ナイロン 100%ポリエステル・Arato™ 7,10 100% ナイロン N30r テープ加工 ゴア® サーミアム™・Arato ™ 7 – 100% ナイロン N40p GORE® WINDSTOPPER®・Arato™ 30 – 100% ナイロン
インサレーション ヨーロッパ製グースダウン・Coreloft™ 100 g/m² ヨーロピアン ホワイトグース ダウン・Coreloft™ 80 g/m²,100 g/m² ヨーロピアン グレイグース ダウン (130 g-M)・Coreloft™ 80g/m²,140 g/m² ヨーロッパ製グースダウン・Coreloft™ 80g/m²,140 g/m² ーロピアン グレイグース ダウン インシュレーション含有 (25 g-M) ーロピアン グレイグース ダウン インシュレーション含有 (240 g-M)
フィルパワー 850FP 850FP 750FP 850FP 850FP 850FP
重量 215g 305g 490g 415g 680g 880g
特長 撥水DWR処理を施した、超軽量のアラト™ 7 表面素材・湿気が発生する場所に Coreloft™ 合成インシュレーションを配置・耐湿性の表綿素材・透湿性・優れた軽暖値・圧縮できて荷造りしやすい・防風性・超軽量 耐湿性の表綿素材・湿気が発生する場所に Coreloft™ 合成インシュレーションを配置・透湿性・軽量・圧縮できて荷造りしやすい・防風性 湿気が発生する場所に Coreloft™ 合成インシュレーションを配置・耐湿性の表綿素材・透湿性・インシュレーティッド・軽量・圧縮できて荷造りしやすい・防風性 湿気が発生する場所に Coreloft™ 合成インシュレーションを配置・ダウン コンター™ バッフルは弾性を向上・耐湿性の表綿素材・透湿性・インシュレーティッド・優れた軽暖値・軽量・圧縮できて荷造りしやすい・防風性 防風・透湿性・優れた軽暖値・圧縮できて荷造りしやすい・Ceres SV パーカの半分の容量で収納可能・防水 耐候性・防風・透湿性・優れた軽暖値・圧縮できて荷造りしやすい
Color Black,Pilot,Lichen,Triton Black,Nocturne,Caribou,Neptune,Canyon,Flare Black,Pilot,Red Bearch,Everglade,Hecate Blue Black,Lichen,Pilot Triton,Red Beach Black
このページ
詳細リンク
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

タウンユースのダウンパーカとダウンベスト

セリウムLTベスト以外は750フィルパワーとちょっとダウンのパワーが低めで防水仕様なので少し重め。タウンユースなので多少重めでもスタイリッシュを優先したウェアになっています。

画像 アークテリクス パテラ パーカ アークテリクス セントレイル パーカ アークテリクス ナリン ベスト アークテリクス カモーソン パーカ アークテリクス サーミー パーカ アークテリクス セリウム LT ベスト
商品名 アークテリクス パテラ パーカ アークテリクス セントレイル パーカ アークテリクス ナリン ベスト アークテリクス カモーソン パーカ アークテリクス サーミー パーカ アークテリクス セリウム LT ベスト
特徴 エレガントな女性向けシティユースの防止ロ レディースのタウンユース用の防水ダウンパ 気軽に羽織れる普段使いレディース用のフー 洗練されたタウンユースのゴアテックス防水 防水・防風 GORE-TEX採用のタウン 軽量・バッカブルな多用途ダウンベスト
ブランド ARC’TERYX ARC’TERYX ARC’TERYX ARC’TERYX ARC’TERYX ARC’TERYX
価格 75,600円(税込) 97,200円(税込) 25,920円(税込) 86,400円(税込) 89,640円(税込) 30,240円(税込)
素材 P75d GORE-TEX®・生地にDWR(耐久撥水)加工 2LテクノロジーとN90p ゴアテックス Polartec® クラシック 100 マイクロべロアスモールグリッド—100% ポリエステル、152 g/m²・Bast™ – DWR 仕上げの 100% ナイロン タフタ N150p-x GORE-TEX® 素材に 2L Paclite® 技術を採用 P75d GORE-TEX® ファブリック Arato™ 10 100% ナイロン
インサレーション ヨーロッパ製グースダウン・Coreloft™ 100g/m² ヨーロピアングース ダウン(176g)・Coreloft™ 60 g/m² フィル ヨーロッパ製グースダウン ヨーロッパ製グースダウン・Coreloft™ 140g/m²,100g/m² ヨーロッパ製グースダウン ヨーロピアン ホワイトグース ダウン・Coreloft™ 80 g/m²,100 g/m²
フィルパワー 750FP 750FP 750FP 750FP 750FP 850FP
重量 985g 910g 290g 1000g 1100g 185g
特長 都会の冬用のレディースダウンパーカ・防水性・インシュレーティッド・耐久性・防風性 タウンユース(街着)用ロングダウンパーカ・防水性・防風・透湿性・耐久性・高い断熱効果 優れた軽暖値・軽量・圧縮できて荷造りしやすい 防水性・透湿性・インシュレーティッド・耐久性 防水性・防風・透湿性・インシュレーティッド・耐久性 耐湿性の表綿素材・透湿性・インシュレーティッド・優れた軽暖値・圧縮できて荷造りしやすい・耐久性
Color Black,Black Sapphire,Crimson,Osmosis,Topi Black,Kingfisher Black,,Lunar Mist,Topi Black,Hecate Blue,Agra Black,Pilot,Caribou,Nighthawk Black,Nocturne,Caribou
このページ
詳細リンク
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

セリウムSLフーディ買ったよ

自分は結果的にアークのダウンの中で一番薄く超軽量なセリウムSLフーディにしました。

日本の関東から下の都市でのタウンユース(街着)やミッドレイヤーとしての使用だと薄いダウンジャケットで十分な気がしたので試してみます。(後ほどレビュー書いてみますね。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク