シンプルライフのミニ焚き火台 VARGO チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ

スポンサーリンク




焚き火はキャンパーにとっては欠かせない癒やしの時間ですが、 シンプルライフも実践しているので焚火台などは関東から福岡に引っ越すときに処分してしまいました。

こういうの。スッゴク良い焚き火台だった!・・・けど重いしこの他にも炭とか火消し壺・ファイヤースターターが必要なので結局かさばる。(スノーピーク好きだけどキャンプ用品ってめちゃくちゃ重いんですよねぇ、テーブルとかも重い・・・(TOT)

今の僕のシンプルライフのポリシー [軽い・コンパクト・メンテナンスフリー・高耐久]に合わないので重い物は買いにくいです。

そこで、コンパクトな焚き火台を導入してみました。

チタンでできたストーブです。上にヤカンや鍋を乗っけて煮炊きもできちゃう。

スノーピークの焚き火台と中に入れるベースプレートを足したら4.8KgだけどこのVARGOチタニウム ヘキサゴンウッドストーブは215g・・・

カーボンフェルトを入れても全部で300gかからないくらい。

スノーピーク焚火台セットは全部で8Kgくらいだから少なくとも20分の1くらいの軽さになりました。しかも仕舞った大きさも15cm角、厚さ1cmくらいで超小さいので登山でもリュックに入れて持って行けます。

ただ、大きさ規模が違うので軽さの面だけで比べるのはちょっと無理がありますが、今の生活ではこれで十分と言える大きさ・規模でした。

あと、シンプルライフ キャンパーなのでチェアを全部やめて敷物にトレッキング用の座布団を敷いてロースタイルでBBQをやってます。

酔ったら焚き火を見ながら寝っ転がるのも気に入ってます♪ これだとキャンプに持って行ってもぜんぜん邪魔にならないし、枯れ葉とか落ちている枝を拾ってきて燃やすので炭もいらない。

DSC06461

便利です。VARGOチタニウム ヘキサゴンウッドストーブの下にカーボンフェルトを敷いて土壌を荒らさないようにしている。

DSC06463

チタンでできてるし組み立ても簡単、仕舞うのも簡単、洗わなくても良いけど洗っても良い、1回使うとチタンの焼き味がでて良い。

登山では今のところ使う予定はないので、BBQセットの片隅に入れておきます。

DSC07018

こんな風にビールを飲みながら焚き火の時間の始まりです

スポンサーリンク
スポンサーリンク