スポンサーリンク

湯たんぽ 代わりにクリーンカンティーンの水筒を使う

スポンサーリンク

シングルウォールなので冷たい飲み物を入れてもすぐヌルくなるし熱い飲み物を入れたら手で持てなくなるし・・・と、ダブルウォールと比べてなにかと使いにくいと思う方が多いクリーンカンティーン リフレクトですが結構使い道はあります。

クリーンカンティーン リフレクトの使い道

BUILT 1ボトルトート と クリーンカンティーン リフレクト 斜め

今回は冬といったらやっぱり湯たんぽ!ということで専用の湯たんぽを購入するのはちょっと物が増えちゃってアレなので湯たんぽの代わりにクリーンカンティーン リフレクトを使います。

クリーンカンティーン リフレクトを湯たんぽとして使う

見た目は良いけどシングルウォールなので熱いお湯と冷えた飲み物は長持ちしませんが、夏はお腹を壊しやすいオッサンは常温に近い麦茶やお茶で活用してます。

車に乗るときは氷を入れてアイスコーヒーやホットコーヒーも持っていきますが、最近はダブルウォールでストローも挿せるクリーンカンティーン パイントカップを持っていくので水筒のクリーンカンティーン リフレクトはあまり出番がありませんでした。

冬はクリーンカンティーン リフレクトを湯たんぽ代わりとして使います。

今使っている物はこちらと、

Klean Kanteen(クリーンカンティーン) ボトルリフレクト 27oz ブラッシュ

入れ物はワインボトルを入れるBUILT 1ボトルトートを使ってます。

bcl BUILT NY ビルトBUILT 1ボトルトート

使い方は簡単!

  • まずはお湯を沸騰させます。沸騰させなくても良いかも。
  • お湯をクリーンカンティーン リフレクト水筒に入れます。めっちゃ熱くなるので気をつけましょう。
  • BUILT 1ボトルトート カバーを被せます。

これを布団の足元あたりに忍ばせておきます。

朝までぬくぬく

湯たんぽは本当に朝まで暖かく眠れます!足のあたりを温めるので体感温度が5度位は高くなって明方寒くなるということもなくなります。

BUILT 1ボトルトート 開く

クリーンカンティーン水筒を入れるものは何でも良く靴下に入れるとかタオルをぐるぐる巻いても良いのですが、僕はこちらのBUILT 1ボトルトートを使っています。

BUILT 1ボトルトート クリーンカンティーン リフレクト入れる

クリーンカンティーン リフレクトを入れると金属の部分が外に出ることなく余裕で入ります。ステンレスの部分が外に出たまま布団に入れるとヤケドする可能性があるのでこれでOK

湯たんぽケース BUILT 1ボトルトートがないと熱くて持てない

BUILT 1ボトルトート と クリーンカンティーン リフレクトで湯たんぽの完成になります。

BUILT 1ボトルトート と クリーンカンティーン リフレクト 横

1つの物でいくつものいろんな使い道を考えるのもシンプルライフの楽しみです。

BUILT 1ボトルトート と クリーンカンティーン リフレクト 入れる
寝る前は持てないくらい熱かったけど、朝は調度良いぬるま湯になっている。

朝、水筒のヌルくなったお湯の使い道

朝はクリーンカンティーンの水筒 湯たんぽがヌルくなるのでこのお湯を洗面器に移して顔を洗います。湯沸かしのガスも使わず2次利用なのですごく環境にやさしいし、ものすごく節約した感じがして満足感を味わえます。BUILT 1ボトルトート と クリーンカンティーン リフレクト 縦

冷たい飲み物を運ぶ水筒としては微妙ですが、クリーンカンティーン リフレクトはシングルウォールならではの使い方が他にも色々あって便利です。

今年もいろいろありましたが円安になってしまって海外旅行に行きにくくなったのが残念です。

それでは良いお年をm(_ _)m

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする